ロードバイクの情報を発信しています!

フィリップ・ジルベールは、史上最速の記録でRuban Jaune賞を獲得!

海外情報
Photo on Visual hunt
この記事は約4分で読めます。

ブエルタ17ステージは、ライブ放送が始まった時にはすでに逃げ集団が出来ていた。

ここまでは、いつもと一緒だけど残り距離が違っていた。200キロをこえるレースだからゴールは12時は軽く過ぎるよね~と思ってましたけど。

私が見始めた時には、すでに40キロを切ってました。

猛烈なスピードで走る集団はモトバイクのスピードメーターでは70km!

とにかく速かった。

フィリップ・ジルベールがトップでゴールしたが彼にRuban Jaune賞が贈られた。

Ruban Jaune賞って何でしょう?

 

スポンサーリンク

Ruban Jaune賞 黄色いリボン

フィリップ・ジルベール(Deceuninck-Quick-Step)が、ゴール前でサム・ベネットをまくって、219.6kmを4時間20分15秒で走破。

驚異的な平均速度50.63km/hで勝利。

その平均速度は、200km以上のプロレースで公式に記録された史上最速であり、Ruban Jaune賞を獲得した。

 

Ruban Jaune賞とは

1936年ツール・ド・フランスの主催者であるアンリデス・グランジュが最高平均速度で走った選手に贈らる賞として作成した。距離は200km以上が条件となる。

英語名ではイエローリボンと呼ばれる。

名前は、大西洋で最速の旅客船に授与されるブルー・リバンドとの比較からきたと考えられている。

 

これまでの最速記録はマッテオ・トレンティン(当時Etixx-Quick Step)。

2015年にパリ~ツールで4時間39分12秒、平均速度49.64km/hで231kmを駆け抜けた。

 

マッティオ・トレンティンは、記録は破られるためにある。とツイートしてます。

フィリップ・ジルベールもバイクにトレンティンのようなデザインをいれるんでしょうかねえ~。

 

これまでのRuban Jaune賞

 

Ruban Jaune賞は、1936年以来13回記録が更新されてきた。

パリ~ツールが一番更新回数が多く、パリ~ツール以外のレースで授与されるのは今回が4回目。

この記録の舞台となった他のレースには、1948年と1964年にパリ~ルーベが2回。

1975年のパリ~ブリュッセルが含まれるが、どれもワンデーレース。

ステージレースでRuban Jaune賞が授与されたのは、初めてのことになる。

今回のブエルタでは、横風分断から追い風に変わって40人から20人まで人数を減らしながら、タイムトライヤルをしたようなもの。

逃げ切るという意思統一が出来ていたのと、クイックステップが7人いた為に統率もとれてましたね。しかもナイロ・キンタナも入っていたから全くペースが落ちなかった。

様々な条件が上手く重なったのも記録が出来た要因ですね。

今後、この記録が抜かれることがあるんでしょうか?

不滅の大記録になりそうです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました