ロードバイクの情報を発信しています!

サガンのS-Works Roubaix for Paris-Roubaix 2019

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/ 機材情報

2018年のパリ~ルーベ優勝者のサガン( Bora-Hansgrohe)は、今週初めに発表された新しいスペシャライズドRoubaixに乗ってパリ~ルーベに出場します。

3回のロードレース世界チャンピオンは、サガンコレクションバージョンのフレームに、機械式のシマノDura-Ace R9100シリーズグループセットで走るようです。

 

スポンサーリンク

S-Works Roubaix for Paris-Roubaix 2019

https://www.cyclingweekly.com/news/racing/much-prize-money-will-winner-paris-roubaix-2019-get-419517

スペシャライズドの新しいRoubaixは、新しい柔軟なカーボンシートポストと並んで最新のFuture Shockフロントサスペンションシステムを備えています。

新しいSpecialized Roubaixの詳細はこちらです。

 

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

通常のロードレースに使用される通常の26mmタイヤではなくて、レースの玉石に対処するためにNorth 30mmタイヤのSpecialized S-Works Turbo Hellと組み合わせます。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

新しいSpecialized Roubaixは、ダウンチューブの最上部に位置するポートを持っています。これは、電子ShimanoグループセットのDi2インターフェースポートとして使用することができます。

メカニカルドライブトレインを使用して組み立てた場合、ポートをケーブルガイドと交換して、ギアケーブルをフレームを通して内部に引き回すことができます。

 

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

サガンは通常、Di2サテライトスプリントシフターを自分のハンドルバーのドロップに取り付けていますが、機械式のグループセットなのでつけれないですね。

今回、サガンはDi2ではなくて機械式のコンポーネントを使用します。インサートを使用してメカニカルケーブルをガイドしています。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

サガンは試走の時には、Go-Proを取り付けてました。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

サガンのチームメイトであるMaciej BodnarはDi2にこだわり、彼のハンドルバーの上部にサムシフターをとりつけてます。各選手の好みで違う装備なのは面白いですね。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

新しいRoubaixはFuture Shock 2.0の特別のステムを使ってます。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

SaganはS-Works Romin Evoサドルをチョイス

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

サガンのイニシャルがトップチューブに入ってます。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

サガンは、コンポは機械式ですが、ブレーキはディスクプレーキを使用。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

よりエアロも追及されてます。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

サガンは、Roval CLX 50ホイールを選択します。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

マットカーボンとクリッターペイントの組み合わせとなっています。

http://www.cyclingnews.com/features/peter-sagans-s-works-roubaix-for-paris-roubaix-2019-gallery/

Tacx Ciroボトルケージには、ボトルのセキュリティをさらに高めるためにグリップテープが追加されています。

 

サガンが機械式のコンポを選択したのには、何か理由があるのでしょうか? スプリンタースイッチもつけれませんしねえ~。メリットとして考えられるのはメカトラへの対処とか? 何か詳細が分かれば追記します。

 

Peter-SaganのS-Rouge SaganコレクションParis-Roubaix 2019フルバイク仕様

  • フレームセット:Sワークスルーベーサガンコレクション
  • フロントブレーキ: Shimano Dura-Ace R9120、160mmローター
  • リアブレーキ: Shimano Dura-Ace R9120、140mmローター
  • ブレーキ/シフトレバー: Shimano Dura-Ace R9120
  • フロントディレイラー: Shimano Dura-Ace R9100
  • リアディレイラー: Shimano Dura-Ace R9100
  • カセット: Shimano Dura-Ace R9100
  • チェーン: Shimano Dura-Ace R9100
  • クランクセット: Shimano Dura-Ace R9100、172.5 mmクランク
  • 下ブラケット: CeramicSpeed
  • ホイールセット: Roval CLX 50
  • タイヤ: S-Worksヘル・オブ・ザ・ノース、30mmチューブラー
  • ハンドルバー: Pro Vibe
  • ステム: S-Works Roubaix
  • ペダル: Shimano Dura-Ace R9100
  • サドル/専門S-Works Romin Evo
  • シートポスト: Specialized S-WorksPavé
  • ボトルケージ: Tacx Ciro
  • コンピューター: Wahoo Elemnt Bolt
  • その他のアクセサリ: K-Edgeアウトフロントコンピュータマウント

https://cdn.road.cc/sites/default/files/styles/main_width/public/daniel-oss-specialized-roubaix1.jpg?itok=Jbg-opi6

 

サガンはレースによって、色々なバイクを乗り換えてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました