ロードバイクの情報を発信しています!

サガンの見分けがつかなくなってしまった

海外情報
https://twitter.com/petosagan
この記事は約3分で読めます。

サガンが普通のチームジャージに戻ってしまった。

昨シーズンからスロバキアナショナルチャンピオンジャージを着ていたサガン。

 

 

それまでは、世界チャンピオンジャージを3年連続して着ていた。

今回、スロバキアの国内選手権では、兄のユライ・サガンが優勝したために、サガンはスロバキアチャンピオンジャージも失ってしまった。

これまでは、白いジャージを探せば良かったが普通のチームジャージになると、スプリントで見分けがつかなくなりそうなので困りそうです(^-^;

 

スポンサーリンク

スロバキア国内選手権は兄が優勝

ユライ・サガン https://www.bora-hansgrohe.com/en

スロバキア国内選手権では、兄のユライ・サガンが2016、2017年に続いて3回目の優勝となった。

186kmのレースでは、最後に兄のユライ・サガンが逃げて集団の頭はサガンと、チームメイトのエリック・バスカが抑える展開。

こうなると、もう誰も追えないので兄貴の独走優勝となった。

 

https://twitter.com/petosagan

選手権スタート前

 

サガンは、2011年の初出場から2015年まで5連勝。

そして昨年の優勝で計6回、スロバキア国内チャンピオンになっている。

普段は、兄の献身的なアシストに支えられているサガンは、国内選手権では兄をサポートする役目に代わっているのだ。

そりゃあ、まあ誰しも恩返しはしないとねえ~。

 

 

サガンも、ツイートの中で沿道で応援してくれた人々への感謝と、兄の優勝を見れて嬉しいと語っている。

 

こちらは、昨年のスロバキア国内選手権のラスト。
Slovak National Championship 2018 – 24 Jun 2018

 

ちなみに、お兄ちゃんは国内チャンピオンになっても、ツール・ド・フランスには出場できない。

あまりにも、層の厚いBORAではアシストはいくらでもいますからねえ~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました