ロードバイクの情報を発信しています!

フランス選手権を獲得したワレン・バルギルがやめること考えていたと告白

海外情報
https://twitter.com/WarrenBarguil
この記事は約5分で読めます。

2度の骨折から復活を目指しているワレン・バルギル(Team Arkéa Samsic)

ワレン・バルギルは、フランスの国内ロード選手権で見事に優勝。

彼は、調子の上がらない数シーズンの間、自転車をやめることについて考えていたと認めた。

土曜日にベルギーのブリュッセルで開幕するツール・ド・フランスで、27歳のワレン・バルギルは、ナショナルチャンピオンジャージを着て走ることになる。

 

スポンサーリンク

リベンジの感覚はない

https://twitter.com/Arkea_Samsic

 

バーギルは勝利の後、再び成功を見いだしたことにリベンジの感覚はないと語った。

「自転車にはサイクルがあると思う。私は超人ではない。

過酷なシーズンを経てきたが、これはリベンジではないんだ。私はいつもこれらの足を持っていた。

今、自分自身にとても満足している」

と語った。

 

Sunwebで走っていた時、バルギルはは2017年のツール・ド・フランスで山岳賞を獲得。

2つのステージで勝利し、総合では10位。トム・デュムランがいるためバルギルは、Arkéa Samsicに移籍してきた。

Arkéa Samsicは、バルギルがエースのチームだったが彼の成績は低迷。

そして、二回も骨折をしてしまったのだ。

詳しくは、以下で記事にした。

スペインのバルセロナで開催された、ボルタ・ア・カタルーニャの最終ステージでの落車骨折。

復帰してから、まだからレースに復帰したばかりだった。

 

https://twitter.com/Arkea_Samsic

 

「簡単ではなかった。

自転車を辞めたがっていた時もあった。妻が私を大いに支えてくれ、あきらめなかった。

これが人生だと思う。タフな瞬間と良い瞬間がある。

助けてくれた妻、家族、そしてチームに感謝します。自転車をやめると、一週間後に、いや、生涯にわたって後悔するようになる思う」

とバルギルは続けた。

 

支えてくれた妻と抱き合う https://twitter.com/Arkea_Samsic

 

男子フランスロードレース選手権は過去3シーズンはGroupama-FDJライダーが優勝していた。

象徴的な赤、白、青のジャージをプロコンチネンタルチームに持ち帰った。

 
ワレン・バルギルは、クリテリウム・ドーフィネの最終ステージでは4位。このステージは山頂フニッシュであり、総合では13位と復調をみせていた。
徐々に調子を取り戻している最中でのフランスナショナルチャンピオン選手権での優勝。
とても嬉しかったことだろう。
 

Arkéa Samsicのスタートリスト

バルギルは、チームのスタートリストで早々とフランスナショナルチャンピオンジャージで登場。

 

2019ツール・ド・フランス
Team Arkéa Samsic
  • アンドレ・グライペル(GREIPEL André)27歳 スプリンター
  • ワレン・バルギル(BARGUIL Warren)28歳 クライマー
  • マキシム・ブエ(BOUET Maxime)33歳 クライマー
  • アントニー・ドゥラプラス(DELAPLACE Anthony)30歳 クライマー
  • エリー・ジュスペール(GESBERT Élie)24歳 クライマー
  • ケヴィン・ルダノア(LEDANOIS Kévin)25歳 パンチャー
  • アマエル・モナワール(MOINARD Amaël)37歳 クライマー
  • フロリアン・ヴァション(VACHON Florian)34歳 パンチャー

 

チームのメンバーは、ワレン・バルギルの山岳でのアシストが多いようだ。

グランツールでも活躍したベテランクライマーのアマエル・モナワールがバルギルを支えるだろう。

 

「ツールで、このジャージを着て走る自分が想像出来ない。やり過ぎないようにステージ優勝を狙っていく。このジャージはプレッシャーではなく、情熱として走りたい」

 

ワイルドカードで出場しているArkéa Samsicにとっては、このナショナルチャンピオンジャージは大きな意味がある。

バルギルの山岳での走りを期待したい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました