ロードバイクの情報を発信しています!

2023 エトワール・ド・ベセージュ第1ステージ  登りゴールを制したのは?

海外情報
Photo credit: Floyd@Overdoz.com on VisualHunt.com
この記事は約16分で読めます。

ベセージュの星と呼ばれているフランスのステージレース。エトワール・ド・ベセージュ。Etoile de Bessèges – Tour du Gard(2.1)

5ステージで争われ、最終日は個人タイムトライルとなっている。

 

過去の優勝者

  • 2022 バンジャマン・トマ
  • 2021 ティム・ウェレンス
  • 2020 ブノワ・コヌフロワ
  • 2019 クリストフ・ラポルト
  • 2018 トニー・ガロパン
  • 2017 リリアン・カルメージャ
  • 2016  COPPEL Jérôme
  • 2015 ボブ・ユンゲルス
  • 2014  LUDVIGSSON Tobias
  • 2013  HIVERT Jonathan

 

スポンサーリンク

第1ステージ ベルガルド~ベルガルド 162.18km

第1ステージ photo etoiledebesseges

 

ベセージュの星の第1ステージが一番簡単なステージ。

レースはニームの南東にあるベルガルドで始まり、1970年代にレースが始まったベセージュの村に向かって北西に向かう。

ラウンドはローヌ渓谷で大部分が行われるため、ファン形成の危険性は常に潜んでいる。3級山岳コート・デ・ラ・トゥールを結局3回登る。

600mなので、登れるスプリンターが勝てるコースだ。

 

  1. 3級山岳 コート・デ・ラ・トゥール 0.6km・6.5%
  2. 3級山岳 コート・デ・ラ・トゥール 0.6km・6.5%

 

注目されるライダーは

  •  Cofidis  バンジャマン・トマ
  •  INEOS Grenadiers ミハウ・クフィアトコフスキ、パヴェル・シヴァコフ、ベン・トゥレット、ベン・ターナー
  •  AG2R Citroën Team ブノワ・コヌフロワ、グレッグ・ファンアーヴェルマート、オリバー・ナーセン
  •  Trek – Segafredo マッズ・ピーダスン
  •  Groupama – FDJ ティボー・ピノ、ブルーノ・アルミライル
  •  Alpecin-Deceuninck ドリース・デポンド
  •  EF Education-EasyPost ニールソン・ポーレス、マグナス・コルトニールセン、シュテファン・ビッセガー
  •  Team Arkéa Samsic ダニエル・マクレイ、ケヴィン・ヴォークリン
  •  Israel – Premier Tech ディラン・トゥーンス
  •  Lotto Dstny アルノー・デリー、ブレント・ファンムール
  •  TotalEnergies ピエール・ラトゥール、アントニー・テュルジス
  •  Uno-X Pro Cycling Team クリストファー・ハルヴォルセン

 

スタート前

Lotto-Dstnyのアルノー・デリーは登りスプリントだけどいけるか。

 

EF Education-EasyPostのマグナス・コルトニールセンもスプリントを狙う。

 

3人の逃げ

残り147kmで集団に2分5秒のタイム差。

  1. Ayco BASTIAENS ( Alpecin-Deceuninck )
  2. Jean-Louis LE NY ( Nice Métropole Côte d’Azur )
  3. Simon PELLAUD ( Tudor Pro Cycling Team )

 

Groupama – FDJのティボー・ピノも最後のシーズンのスタートだ。

 

残り80km。タイム差は3分44秒。集団先頭にはINEOS Grenadiersが固まっている。

 

残り77.4kmで3分58秒。

 

残り61.8km。集団は急激にペースアップ。風により集団が分断される。

 

残り58.9kmで、遅れていた集団が追いつく。

 

メイン集団は3分5秒差。

 

猛烈なスピードで先頭とのタイム差を一気に縮めていく。

 

あっという間に、タイム差は40秒まで縮まる。

 

残り45.2km。タイム差は32秒に。

 

3級山岳 コート・デ・ラ・トゥール 0.6km・6.5%

3級山岳をなんとか越えそうだ。

 

一人が遅れてたが、3級山岳をクリアー。

  1. Ayco BASTIAENS ( Alpecin-Deceuninck ) 3ポイント
  2. Simon PELLAUD ( Tudor Pro Cycling Team ) 2ポイント
  3. Jean-Louis LE NY ( Nice Métropole Côte d’Azur) 1ポイント

 

先頭は2人に。

  1. Ayco BASTIAENS ( Alpecin-Deceuninck ) 
  2. Simon PELLAUD ( Tudor Pro Cycling Team ) 

 

逃げていた一人が集団に吸収される。

 

集団が見えてきた。

 

先頭二人は、残り37.8kmで集団に捕まる。

 

こちらは風により遅れたメイン集団。

 

先頭は、30人。主なメンバーは

  1. ミハウ・クフィアトコフスキ INEOS Grenadiers
  2. パヴェル・シヴァコフ INEOS Grenadiers
  3. ベン・ターナー INEOS Grenadiers
  4. アルノー・デリー Lotto-Dstny
  5. ブレント・ファンムール Lotto-Dstny
  6. グレッグ・ファンアーヴェルマート AG2R Citroën Team
  7. ブノワ・コヌフロワ AG2R Citroën Team
  8. ケヴィン・ヴォーケリン Team Arkéa Samsic

 

メイン集団は残り30.2kmで1分5秒と離されている。

 

先頭では、INEOS Grenadiersのベン・ターナーが先頭交代に。Uno-X Pro Cycling Teamは先頭交代に2名送っている。

 

残り20kmでメイン集団が20秒差と迫ってきた。

 

メイン集団が12秒と迫り、前の集団を視界にとらえている。

 

ミハウ・クフィアトコフスキも先頭交代に加わる。タイム差は17秒。

 

AG2R Citroën Teamのグレッグ・ファンアーヴェルマートも逃げ切りたいメンバーの一人だ。

 

残り11kmで7秒。もう追いつかれそうだ。

 

残り10.4kmで追いつかれた。

 

EF Education-EasyPostは、マグナス・コルトニールセン、Lotto-Dstnyはアルノー・デリーの姿が見られる。ただ、マグナス・コルトニールセンは、メインを集団を引いていたのでスプリントは難しいだろう。

 

Alpecin-Fenixのドリース・デポンドが集団先頭を引く。

 

残り3.2kmでIsrael – Premier Techが先頭を引く。ディラン・トゥーンスでゴールを狙う。

 

残り2.1kmでLotto-Dstnyが先頭でトレインを組む。

 

残り1.4kmで左からAG2R Citroën Teamも上がってくる。

 

残り1.1km、プロチームのLotto-Dstnyが先頭。

 

カーブを曲がって登りとなる。

 

Lotto-Dstnyが先頭。

 

アルノー・デリーは7番手。

 

さあ、誰が先頭に立つか。

 

あっと、マッズ・ピーダスンがアタックをかけて、それをアルノー・デリーが追う。後ろは、ブノワ・コヌフロワと、ディラン・トゥーンスだ。

 

昨年の優勝者マッズ・ピーダスンが強いか。

 

マッズ・ピーダスンの後ろに、アルノー・デリーが張り付く。

 

マッズ・ピーダスンのスピードが少し落ちた所で、アルノー・デリーがスパート!

 

最後のカーブを立ち上がってきたのはアルノー・デリーだ。

 

後ろを引き離している。

 

アルノー・デリーは、後ろを確認する余裕があるぞ。

 

凄い差だ。

 

 

アルノー・デリーは涼しい顔でゴールを駆け抜けた~!

なんという余裕。元世界チャンピオンのもがきをものともせずに捕らえてみせた。アルノー・デリーは、早くも今シーズンの2勝目となった。

アルノー・デリーは、リーダージャージも獲得。Lotto-Dstnyは最高のスタートを切った。

 

スポンサーリンク

リザルト

アルノー・デリーのコメント(チーム公式サイトより)

このような形でシーズンをスタートさせ、すでに2勝を挙げているのは素晴らしいことだ。しかし、Lotto-Dstnyの強力なチームが私を完全にサポートしてくれなければ、このようなことは不可能だ。

今日は計画通りに走ったので、チームメイトに大きな拍手を贈りたい。フィニッシュのかなり手前でプロトンがバラバラになったとき、私たちは4人のライダーで先頭に立った。終盤にはジャスパー・デブイストが加わり、プロトンを引き連れて、チームメイトが完璧なリードアウトを披露してくれた。

先週の月曜日にこのコースを下見していたのだが、ゴールから500mほど離れたところで少し平坦になっていることに気づいたんだ。ちょうどそこで、マッズ・ピーダスンがアクセルを踏んだ。

私は彼のホイールに噛みつきいたが、それでも彼を再び乗せるだけの力があると感じ、フィニッシュに向かって走り続けた。こんな形で勝てたのは、超感動した。

このエトワール・ド・ベセージュはすでにステージ優勝に成功しているが、次の2日間にはまだ大きなチャンスが待っている。このチームスピリットがあれば、まだ多くのことが可能だ。

第1ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 14
10″
3:30:35
2
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo 5
6″
,,
3
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team 3
4″
,,
4
 TEUNS Dylan
Israel – Premier Tech     0:03
5
 PICCOLO Andrea
EF Education-EasyPost     ,,
6
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo     0:05
7
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost     ,,
8
 VAN POUCKE Aaron
Team Flanders – Baloise     ,,
9
 MIQUEL Pau
Equipo Kern Pharma     0:08
10
 JOHANNESSEN Anders Halland
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
11
 WATSON Samuel
Groupama – FDJ     ,,
12
 TULETT Ben
INEOS Grenadiers     ,,
13
 BONNET Thomas
TotalEnergies     ,,
14
 LATOUR Pierre
TotalEnergies     ,,
15
 BERCKMOES Jenno
Team Flanders – Baloise     ,,
16
 LAURANCE Axel
Alpecin-Deceuninck     ,,
17
 NEILANDS Krists
Israel – Premier Tech     ,,
18
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers     0:12
19
 MEENS Johan
Bingoal WB     0:15
20
 BRAET Vito
Team Flanders – Baloise     ,,
21
 PEREZ Anthony
Cofidis     ,,
22
 HEALY Ben
EF Education-EasyPost     ,,
23
 VAN DEN BOSSCHE Fabio
Alpecin-Deceuninck     ,,
24
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies     ,,
25
 DELACROIX Théo
St Michel – Mavic – Auber93     ,,
26
 ERIKSSON Jacob
Tudor Pro Cycling Team     ,,
27
 HOULE Hugo
Israel – Premier Tech     ,,
28
 BOHLI Tom
Tudor Pro Cycling Team     ,,
29
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ     ,,
30
 FRETIN Milan
Team Flanders – Baloise     ,,

総合

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 3
10″
3:30:25
2
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo  
6″
0:04
3
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team  
4″
0:06
4
 TEUNS Dylan
Israel – Premier Tech     0:13
5
 PICCOLO Andrea
EF Education-EasyPost     ,,
6
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo     0:15
7
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost     ,,
8
 VAN POUCKE Aaron
Team Flanders – Baloise     ,,
9
 MIQUEL Pau
Equipo Kern Pharma     0:18
10
 JOHANNESSEN Anders Halland
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
11
 WATSON Samuel
Groupama – FDJ     ,,
12
 TULETT Ben
INEOS Grenadiers     ,,
13
 BONNET Thomas
TotalEnergies     ,,
14
 LATOUR Pierre
TotalEnergies     ,,
15
 BERCKMOES Jenno
Team Flanders – Baloise     ,,
16
 LAURANCE Axel
Alpecin-Deceuninck     ,,
17
 NEILANDS Krists
Israel – Premier Tech     ,,
18
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers     0:22
19
 MEENS Johan
Bingoal WB     0:25
20
 BRAET Vito
Team Flanders – Baloise     ,,

ポイント賞

Rnk Rider Team Points
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 25
2
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo 20
3
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team 16
4
 TEUNS Dylan
Israel – Premier Tech 14
5
 PICCOLO Andrea
EF Education-EasyPost 12
6
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 10
7
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 9
8
 VAN POUCKE Aaron
Team Flanders – Baloise 8
9
 MIQUEL Pau
Equipo Kern Pharma 7
10
 JOHANNESSEN Anders Halland
Uno-X Pro Cycling Team 6

山岳賞

Rnk Rider Team Points
1
 BASTIAENS Ayco
Alpecin-Deceuninck 6
2
 PELLAUD Simon
Tudor Pro Cycling Team 4
3
 LE NY Jean-Louis
Nice Métropole Côte d’Azur 2

新人賞

Rnk Rider Team Time
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 3:30:25
2
 PICCOLO Andrea
EF Education-EasyPost 0:13
3
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 0:15
4
 MIQUEL Pau
Equipo Kern Pharma 0:18
5
 WATSON Samuel
Groupama – FDJ ,,
6
 TULETT Ben
INEOS Grenadiers ,,
7
 BERCKMOES Jenno
Team Flanders – Baloise ,,
8
 LAURANCE Axel
Alpecin-Deceuninck ,,
9
 BRAET Vito
Team Flanders – Baloise 0:25
10
 HEALY Ben
EF Education-EasyPost ,

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました