ロードバイクの情報を発信しています!

Open Cycleからシートマスト込みで重量775gと軽量なOpen MIN.D. California登場

機材情報
Image credit: opencycle
この記事は約2分で読めます。

元BMCのCEOでありCerveroでも指導的立場にあったAndy KesslerとGerard Vroomenの二人が設立したOpen Cycle。

2019年にはグラベルロードバイクUPを発表。2020年には、ロードバイクOPEN MIN.Dを発表していた。

今回は、フレーム重量775gのOpen MIN.D. Californiaの発表となる。

 

スポンサーリンク

Open MIN.D. California

こちらはプロモーションビデオ

 

フレームは、カーボン生地のままで塗装はされていない。これは塗装して貰うことも可能。人によって好みの分かれる部分だろう。

 

フレーム重量は775gだけど、実はシートマストが一体型になっている。この部分の重量を差し引くと、簡単に600g台となるはず。

 

ケーブルの内装は考えられていない。

 

タイヤクリアランスは32mm。

 

シートマストが一体型なので、サイズは良く確認しないといけない。

2020年発売のロードバイクOPEN MIN.Dでは、独自のミニマリストシートチューブトップクランプが使用してあり、0〜15mmで調整できていた。

15〜35mmで調整可能な特別なMOCTサドルクランプ(Measure Once Cut Twice)もあるのでカットしなくても良いサイズを選びたい。

 

 

フレーム、フォーク、ヘッドセットを含むフレームセットは、7,500米ドル(約90万円)。フレーム販売のみで、数量は限定される。

 

 

カリフォルニアの工場で手作業で組み立てられている。究極の一台だけどフレームだけで90万円は公式サイトでも高いと述べられている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました