ロードバイクの情報を発信しています!

TRedから限定版TRed A03 Titanium Ventiエディションが登場

http://tredbikes.com/2020/11/21/aracnide-a03rd-levoluzione-del-ragno/機材情報
photo tredbikes.com
この記事は約3分で読めます。

イタリアのカスタムバイクビルダーTRedから、限定版TRed A03 Titanium Ventiエディションが発売されている。

フレームは完全に統合されたチタンフレーム。チタンで内部ルーティングケーブルとするのは難しいとされていたが、見事にケーブルは見えなくなっている。

 

スポンサーリンク

TRed Arcanide A03 Venti

photo tredbikes.com

内部ケーブルルーティングに、ドロップシートステイの採用と最近のトレンドはしっかりと取り入れられている。

 

photo tredbikes.com

DCRヘッドセットと、DedaワンピースAlaneraコックピットを組み合わせることにより、内部ケーブルルーティングを実現。

 

photo tredbikes.com

かなりすっきりとした外観となっている。

 

photo tredbikes.com

このドライブトレインのユニークな点は、現在のSRAM Force eTapAXSシフトセットアップと従来のロードギアを組み合わせていること。

組み合わされたのは、Power2MaxパワーメーターとクランクアームのROTORAldhuセットであり、52-36Tまたは54-42TのROTORチェーンリングセットで仕上げられている。

 

photo tredbikes.com

SRAM ForceAXSリアディレイラーカットと、CeramicSpeed OSPWアップグレードで、わずかにワット数を削減。

 

photo tredbikes.com

このカスタム12スピードドライブトレインセットアップで最もユニークなのは、そのカセットにある。

TRedは、限定版ビルド用に3つのカセット(11-29、11-32、または12-29)を正式に提供しており、Recon製の180g未満のワンピースカセットを取付ている。

Recon製のカセットは非常に軽量。まあ、限定版だから採用しても何の問題はないですけどね。

 

ホイールは、Toot 51mmディープチューブレスカーボン、Vittoria Corsa Graphene2タイヤが装着される。

機械式の場合価格は6890€(約86万円)。電子式では9920€(約123万円)。

 

現在公式サイトは繋がらない場合があるので注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました