ロードバイクの情報を発信しています!

サイモン・クラークが新型と思われるFactor Ostro VAMに乗っている?

機材情報
Photo credit: alasdair massie on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

クイーンズランド州を拠点とするチェーンワックスサービスであるRenh_chain_wax_serviceが、まだ未発表の新型Factor Ostro VAMをうっかりリークしてしまったようだ。

Israel – Premier Techのサイモン・クラークが所有するこのバイクは、2024オーストラリア選手権ロードでレースされている。

Instagramの投稿によると、このバイクは次の2024 ツアー・ダウンアンダーでも使用される。

 

スポンサーリンク

新型のFactor Ostro VAMか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RenH chain waxing services🇦🇺(@renh_chain_wax_service)がシェアした投稿

 

現行モデルと比較すると、このエディションは、前がエアロ、後ろが軽量という業界の一般的なトレンドに従っているようだ。

フォークの脚はより深く、より有機的に、より深く、より明らかに丸みを帯びたヘッドチューブへと成型されている。

現行モデルはすべてアグレッシブなカムテールカットオフだが、今回はそうではない。

トップチューブはシートチューブ接合部で大幅にテーパーし、ダウンチューブもわずかに深くなっている。

シートチューブはそれほど深くなっていないように見えるが、リアホイール用の切り欠きがある。

空力的な利点だけでなく、剛性向上のためと思われるが、チェーンステーが若干ふくよかになり、短くなったのであれば、これはジオメトリーの変更を意味するかもしれない。シートステーはほぼ変更なし。

2024年最初のワールドツアーであるツアー・ダウンアンダーにサイモン・クラークも出場するので、バイクに注目して見ておきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました