ロードバイクの情報を発信しています!

ブエルタでマイヨロホを着用したオドクリスティアン・エイキングが救われる

海外情報
Photo credit: joménager on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

2021ブエルタ・ア・エスパーニャで7日間マイヨロホを着用した、オドクリスティアン・エイキングは、EF Education-EasyPostとの2024年の契約が得られなかった。

チームレスの状態だったが、プロチームのUno-X Mobilityと契約することに。これでUno-X Mobilityは30人のメンバーとなっている。

 

スポンサーリンク

1年契約

 

オドクリスティアン・エイキングは、2016年FDJでワールドチームに乗る。2016ツール・ド・ノルウェーで新人賞獲得に総合4位。

2016年にすでにブエルタのメンバーに選ばれている。2年間FDJで走ったあとに、2018年からWanty – Groupe Gobertに移籍。

今年は、ブエルタ直前の、2021アークティック・レース・オブ・ノルウェー第3ステージで2位に入り、総合2位となっている。

 

また、ワールドツアーレースのクラシカ・サンセバスティアンでも7位に入る好走。

ノルウェー出身ということで、ノルディックスキーの下地がある。トップに到達しないとわかった時に、サイクリングを始めたのがプロになるきっかけだ。

キャリア3勝をあげており、母国ノルウェーのチームということもあり、再発進は可能だ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました