ロードバイクの情報を発信しています!

チームレスだったIsrael – Premier Techのイェンス・レインダースが古巣のBingoal WBへ

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

Israel – Premier Techとの契約が得られなかった逃げ屋のイェンス・レインダース。

今回、古巣のBingoal WBと契約となった。所属するのは、開発チームのBingoal WB Devo Teamとなる。

ワールドツアーレース以外は、出場できるので勝利するチャンスもあるかもしれない。

 

スポンサーリンク

1年契約

 

イェンス・レインダースは、2021年にSport Vlaanderen – Baloiseに所属。これは現在のBingoal WB。つまり古巣に戻る訳だ。

Sport Vlaanderen – Baloiseに所属していた2022年の、ツール・ド・ハンガリー第3ステージではリーダージャージでスタート。

 

2022アントワープ・ポート・エビックでも、終盤の逃げにのり4位。

 

Sport Vlaanderen – Baloiseには、2年間所属、2023年からIsrael – Premier Techに所属していた。よく逃げて目立っていたけれど、まだプロでの勝利はない。

彼の走りとして逃げて勝つというのがスタイルなので、リスキーなために、勝利を得ることは中々難しい。

2023年も最後の今シーズンも何度も逃げに乗っている姿を確認。特に最後のツアー・オブ・広西では4ステージも逃げに乗っていた。惜しい所までは行くのだけど勝利となると中々ねえ~。

古巣からの再出発で是非、勝利を目指してもらいたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました