ロードバイクの情報を発信しています!

ナイロ・キンタナはツアーコロンビアでの復帰を目指すが間に合うのか?

海外情報
Photo by freestocks on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

ナイロ・キンタナは10月に膝の手術を受けている。実はこの時、痛めている左膝だけでなく右膝の手術も行っている。

復帰には4か月から8か月かかると言われている。

だが、ナイロ・キンタナは2月9日開幕のツアーコロンビアに出場予定だと言う。

間に合うのか?

 

スポンサーリンク

2月復帰は難しいのでは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nairo Quintana(@nairoquincoficial)がシェアした投稿

 

ナイロ・キンタナの膝の故障はコロンゴアでの交通事故から始まっている。

この後、ツール・ド・フランス第13ステージの下りで60km/hで落車。

ナイロ・キンタナは、リタイヤこそ免れたが、すでに山岳で走れる力はなかった。ナイロ・キンタナは総合17位と過去最低の成績でツールを終える。

最終的には左膝蓋骨軟骨の損傷となり10月に手術。

 

どれだけ回復が難しいかと言うのを一般的な例としてグスタボ・カストロ医学博士が話たところによると、

高性能アスリートまたは高業績のスポーツ選手の関節軟骨損傷は、現時点では、スポーツトラウマで治療するのが最も難しい損傷の1つだと言える。これは、関節軟骨が人体で再生しない唯一の組織であるためです。

 

以上のことは、怪我をした後も以前のように軟骨が残っていないことを意味している。

皮膚が損傷した場合、それは治癒し、以前の状態に戻る。

これは、靭帯、筋肉、骨の場合と同じ。つまり、すべてが修復、改造、修復されるが、関節軟骨は修復されない。

 

関節軟骨が再生しないのは何故なのか?

軟骨は、血管を持たない人体の組織であるため、再生しない。

つまり、血液は軟骨に到達せず、血管からそれ自体を供給する方法がない。

言い換えれば、新しいセルの供給がなく、修復されない。これは、一般的に、これらの怪我の管理における大きな欠点となる。

これらのタイプの怪我の予後は場​​所によって異なる。関節軟骨損傷における高性能レベルでのスポーツライフは、有望ではない。

関節には軟骨が不可欠であるため、アスリートの寿命と生産寿命が短くなる。

軟骨には軽度、中等度、軽度の損傷の程度があり、それがどの程度であるかを調べる必要があり、それに基づいて予後が決定される。

一般に、軟骨損傷は、スポーツパフォーマンスの部分での寿命を縮めるため、アスリートが受ける可能性のある最悪の損傷と言える。

 

話によるとサッカー選手よりは、サイクリングのほうが予後が良い。ナイロ・キンタナの場合の軟骨損傷がどれ程度なのか、わからないが難しいことは間違いない。

 

12月のトレーニングキャンプは欠席

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nairo Quintana(@nairoquincoficial)がシェアした投稿

 

現在、手術が終わって2か月。ナイロ・キンタナは、Arkéa-Samsicの最初のトレーニングキャンプ(12月14日から22日までカンヌ)を欠場する。

まあ、当然だろう。その後、1月にキャンプに参加して走れるようになったとしても1か月程度しか、準備期間がないことになる。

さすがに、これでは間に合わないだろう。少し遅くなっても良いので万全の状態にしてからレースに参加したほうが良いように思う。

今シーズン山岳で最も期待していたライダーだけに是非戻ってきて貰いたいが、無理をすることはない。

再び飛ぶように山岳を走れるようになってから戻るのが良いと思う。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました