ロードバイクの情報を発信しています!

ミケル・ヴァルグレンが大けがを乗り越えEF Education-EasyPostに復帰!

海外情報
UnsplashMarten Bjorkが撮影した写真
この記事は約2分で読めます。

EF Education-EasyPostのミケル・ヴァルグレンがワールドチームに復帰となる。

これは嬉しいニュースだ。ミケル・ヴァルグレンは2022 ルート・ドクシタニー第4ステージの下りで落車。

  • 骨盤骨折
  • 膝の半月板損傷
  • 股関節脱臼

という大けがを負っていた。

 

スポンサーリンク

1年契約

 

ミケル・ヴァルグレンは2018アムステルダムゴールドを制している。ケガをしたまま引退したくないので、2022年の6月から長いリハビリをしていた。

 

ようやく復帰したのは10か月後の、2023年4月4日からスタートするフランスのステージレース、ペイ・ド・ラ・ロワール(Région Pays de la Loire Tour(2.1)。

第1ステージを77位で終えており、最終的に総合33位でフニッシュ。2023年は41レースを走った。最後のジャパンカップでは逃げに入り、9位でフニッシュする好走を見せている。

2023年は2023EF Education-NIPPO Development Teamで走っていたけど、2024年からはEF Education-EasyPostに復帰だ。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました