ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ルート・ドクシタニー第4ステージ ミカル・ヴァルグレンが落車で崖下まで転落の危機に

海外情報
F. MuhammadによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。

2022 ルート・ドクシタニー第4ステージで、EF Education-EasyPostのミカル・ヴァルグレンが落車。

スタートから20km地点での落車で、とても速い段階だ。このレースはレ・ザングルから下っており、20km地点はかなりの下り坂だった。

落車の際に、ガードレールを飛び出している。たが、さらに降下していれば100mくらい下まで転落していた可能性があり、不幸中の幸いだったと思うしかない。

 

スポンサーリンク

ツール・ド・フランスどころか

 

ミカル・ヴァルグレンは今週には手術の予定。

ケガの内容は

  • 骨盤骨折
  • 膝の損傷
  • 股関節脱臼

 

ライダーからの情報だと、1,600m地点の降下から、まだ半分の距離で時速70km/hで一人ずつ下っていたと。

ミカル・ヴァルグレンはコントロールを失い、ガードレールと石の端を乗り越えたと言う。コースはヘアピンターンやクイックターンが多く、技術的にも難しいものだった。

下っているライダーも、時速70km/hだから、ピンクのジャージだとしか認識できなかったと言う。

プロでも落車してしまうのだから、怖いものだ。

 

感謝の言葉を

Michael Valgren instagramより

 

ミカル・ヴァルグレンは病院のベットからInstagramのストーリーで

2週間前にコロナ、そして今は大転落。それは私自身のせいで、そのようなリスクを冒して申し訳なかった。

ツール・ド・フランスの前とコロナの後に自分自身を見せたかった。私は降下の限界を少し超えた。幸いなことに、私は誰も罠には連れて行かなかった。

そして、私も言いたい。私は皆のメッセージに感謝したいと思います。彼らは私にとって大きな意味を持っている。

 

このルート・ドクシタニー第2ステージでは、ミカル・ヴァルグレンは2位。調子が良かっただけに残念だ。

 

2018アムステルダムゴールドを制したミカル・ヴァルグレン。ツールではエスデバン・チャベスやリゴベルト・ウランのアシストになる予定だった。

完全に治るのには時間がかかるだろうけど、これについては仕方がない。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました