ロードバイクの情報を発信しています!

マッティオ・ソブレロがTeam Jayco AlUlaからBORA – hansgroheに

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

2021イタリアTT王者のマッテオ・ソブレロがTeam Jayco AlUlaからBORA – hansgroheに移籍だ。

タイムトライヤルスペシャリストで、TTでは上位に顔を出してくるライダーだ。

 

スポンサーリンク

1年契約

 

マッテオ・ソブレロは、2020年にNTT Pro cyclingでプロデビュー。チーム存続の危機で、Astanaに2021年移籍してきた。

2021ジロ・デ・イタリア最終ステージの個人タイムトライヤルで4位に入る好走。

そして、2021ヨーロッパ選手権ミックスドリレーではフィリッポ・ガンナと組んで優勝。男子チームの一員として走っている。

2022ジロ・デ・イタリア最終ステージでは、ついにワールドツアーでの個人タイムトライヤルで勝利している。

 

2023年シーズンは、ツアー・オブ・オーストリア第4ステージで勝利。

 

マッティオ・ソブレロのコメント

とても幸せで、BORA – hansgroheの一員になるのが待ちきれません。チームとともに私は自分自身を磨き続け、成長の道への次のステップを踏み出したいと思っている。

私たちの前には大きな目標があり、一緒にそれを達成したいと思っている。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました