ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールはDendermondeのコースをワールドカップに値するものではないと批判

海外情報
Photo by Kelsey Mirehouse on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

冬の嵐ベラが吹き荒れる中、シクロクロスワールドカップ第3戦デンデルモンテ(Dendermonde)が行われた。

女子のレースでは、足が泥に埋まってしまい抜けなくなる選手もおり、トップ選手でも滑ってこける選手が続出。

レース前に、目玉となるブリッジの橋も撤去されており、男子レース前には、更に泥区間のコースをカットしている。

男子エリートのスタート時には、雨は降り止んでいたがコースの状況が良くなることはなかった。レースで2位となったマチュー・ファンデルプールはゴール後のインタビューで、このレースはワールドカップのステータスに値しないと述べている。

彼の言葉を聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

嵐の中のレース

レース前に、ブリッジの撤去、フニッシュラインの横断幕も撤去されている。

 

マチュー・ファンデルプールはゴール後のインタビューを寒さで震えながら行っている。

このコースはワウト・ファンアールトのためのものだと事前にわかっていた。

彼はとても良い走りをした。だから、自分がついていけないことはすぐにわかったし、2位に集中したんだ。

確かにワウトを歩かせたわけではなく、仕方のないことだった。1分でも3分でも有利な状態で勝とうが、どうでもいい。今日の彼は本当に際立っていた。

自分には合わないトラックだと思っていた。それは[くだらない]コースだと思った。

いつものことではないかもしれないが、ちょっとワールドカップにはふさわしくないと思った。

それはワウトのパフォーマンスから何かを奪うものではなく、彼は本当に強かった。次の一本に移る。

 

主催者側は

彼の批判に対して、レースディレクターのJurgen Mettepenningenはツイッターでファンデルプールの批判に答えている。

 

マチュー、いつでもコースを試してほしい。

1週間、雨の中準備をしてきた。特に今日は洪水で嵐を乗り越えた。キャンセルすることも出来たが、多くのボランティアと一緒に、最も厳しい方法を選んだ!

 

これに対して、マチューはツイッターに反応

私はあなたの仕事とボランティアの仕事を壊すことはありません、私はコースについての正直な個人的な意見を述べています。このような状況の中でクロスを組む仕事をしていることへの敬意を表します。

 

元々は、ここで行われる予定ではなく、7月に開催場所が決まった。日曜日の朝に会合を開いて、状況を評価し、ルートを短くしてブリッジを撤去し開催したが、それでも多くのコースは走れるものではなかった。

主催者側は、はやくから準備と、そして撤収もしならければならない。この撤収の大変なことと言ったらやった人しかわからない。

特に、シクロの場合には杭を打ってコースを作っている。これを全て抜いてテープも巻かないといけない。これだけの準備をして、中止するというのは難しい判断となる。

しかも、嵐の中の撤収と言ったら大変なことは容易に想像できる。

 

一度、足が泥の中にはまったら、抜けなくなっちゃいますからね~。

嵐なんてこなかったら、こんなに厳しいコースにならなかったでしょう。出場した選手も関係者の方も大変な一日だった。

主催者は、ブリッジを駆け上がる選手を見てみたかったでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました