ロードバイクの情報を発信しています!

リリアン・カルメージャがTeam Total Direct EnergieからAG2R La Mondialeに移籍

海外情報
Photo credit: Visual Content on VisualHunt.com / CC BY
この記事は約3分で読めます。

リリアン・カルメージャがTeam Total Direct EnergieからAG2R La Mondialeに移籍する。

フランスのプロチームからワールドツアーチームに移籍なのでステップアップと言って良いだろう。

チームの発表では1年契約となっている。

 

スポンサーリンク

新しいキャリアへの挑戦

 

AG2R La Mondialeは、来シーズンからシトロエンが共同スポンサーとなりAG2R Citroën Teamとなる。

 

AG2R Citroën Teamの目指す所は、ツールの総合優勝を目指すチームではなくクラシックやステージ優勝を狙っていくチームに変貌する。

それは、エースだったロマン・バルデとピエール・ラトゥールの移籍ではっきりした。チームはクラシックスペシャリストのグレッグ・ファンアーベルマートなど次々と移籍を発表。

 

リリアン・カルメージャもその一人となる。彼は、2016ブエルタ・ア・エスパーニャ、2017ツール・ド・フランスでも逃げ切り勝利をあげている。

1クラスのステージレースでは何度も総合優勝しており、来シーズンからのチームの戦略にも合致したライダーとなるだろう。

Direct Energieでプロデビューしたが、5年走って移籍だ。27歳という年齢を考えると、これから選手のピークを迎える時期となる。これほどの選手を放出させるとは勿体ないように思えるけど。

逃げて勝利に山岳でも強い。更なる活躍を期待しよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました