ロードバイクの情報を発信しています!

レムコが初のモニュメント出場決定 ピークの状態でチャレンジ

海外情報
photo Remco Evenepoel instagram
この記事は約4分で読めます。

今年に入って全てのステージレースを総合優勝しているレコム・イヴェネプール(Deceuninck – Quick Step)。

ベルギーの天才少年は、今年初のグランツールにも出場するが、モニュメントにも参加が決定した。

出場するモニュメントは8月15日のイル・ロンバルディア。ピークの状態で出場したいと語っており、その走りは注目される。

 

スポンサーリンク

初のモニュメント出場

photo Remco Evenepoel instagram

レコムの最初のレースは、Vuelta a Burgosに参加。7月28日から始まり、1週間後にTour de Pologneにも参加。

今年のブエルタ・ア・サンファンとボルタ・アオ・アルガルヴェの2つのステージレースで優勝しているレムコ。今シーズンの主な目標は改訂されたカレンダーの後半で発表されるため、今のところプレッシャーはほとんどないと言っている。

 

私は圧力をかけずにツール・ド・ポローニュを開始する。私は、この種のステージレースで勝つために競争できることをすでに証明している。

また、主な目標はシーズン後半だ。しかし、自分の調子を見て、チャンスがあれば無駄にはしない。

本当に気分が良ければ、ステージウィンやGCに行くこともできる。自分を証明する必要はないが、いつも自分に多くを期待している。

 

これまでに2020年に出場したすべてのレースで優勝したレムコの自信は失われず、「ピーク状態」でイル・ロンバルディアに行くと述べている。

イタリアの記念碑は、昨年8月にクラシカサンセバスチャンで初優勝した彼の2度目のワールドツアーワンデーレースとなる。

 

そこで初めてピークに達したいと思っている。非常に厳しいので、私たちは強力なチームから始める。

すでにドライブした他のレースと比較する必要がある場合、それはクラシカサンセバスチャンでなければならない。

イル・ロンバルディアはもっと重くなると思うけど。今年は、気温が30度に達することがあり、天候は非常に重要となる。

しかし、私はその熱を処理できると思っている。

レムコの場合、ビックマウスではなく本当に勝ってしまうのが凄い所。モニュメント出場でそのまま優勝してしまうことはないだろうけど。

チームオーダーでは、ジュリアン・アラフィリップもいるし。

最初のステージレースのブエルタ・ブルゴスではレムコがエースのメンバーなので、ひょっとすると優勝してしまうのではないだろうか?

みんな様子見するだろうが若いレムコにはそんな考えはないはず。

まずは、ぶちかまして欲しいですね。

 

レムコの改定されたレーススケジュール

タイムトライヤルはヨーロッパ選手権のみとされていたが、ベルギー国内のTTも出場するようだ。

 

 

Remco Evenepoel
レーススケジュール
  • 7.28 ブエルタ・ブルゴス
  • 8.05 ツール・ド・ボローニャ
  • 8.15  イル・ロンバルディア
  • 8.29   Druivenkoers – Overijse
  • 8.30  ブリュッセル・サイクリング・クラシック
  • 9.07 ティレーノ〜アドリアティコ
  • 10.03 ジロ・デ・イタリア

イル・ロンバルディアの後に、ベルギー選手権タイムトライヤルにも出場する。

ここでは、ワールドクラスのトップタイムトライヤルスペシャリストと対戦することになる。

アワーレコード保持者のヴィクトール・カンペナールツ。ワウト・ファンアールト、イヴ・ランバールト、トーマス・デヘント。

彼らに勝つことを目標としているが、初のベルギーチャンピオンとなることは確実視されている。

ただ、数秒以内で決着がつくので油断はならない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました