ロードバイクの情報を発信しています!

アテネ銀メダリスト ボビー・ジュリックのグラベルロードPinarello Grevil+

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543機材情報
Photo velonews
この記事は約4分で読めます。

ボビー・ジュリックは1998ツール・ド・フランス総合3位。アテネオリンピック個人TT銀メダルなど数々の栄光を手にしてきた元プロサイクリスト。

2008年にCSCで引退しているが、現在はグラベルロードに取り組んでいる。

グラベルバイクは、Pinarello Grevil+

なんと贅沢にピナレロのグラベルですよ。ピナレロといえば高いというイメージありますけど、ボビー・ジュリックはこれにO-Symetricチェーンリングを装着しています。

O-Symetricチェーンリングは楕円リングですが、これがグラベルにも良いと好感触を得ているようです。

ボビー・ジュリックがSpirit World 100でレースを行うPinarello Grevil+ロードを見てみましょう。

 

スポンサーリンク

Pinarello Grevil+

こちらはPinarello Grevil+のプロモーションビデオ。

ボビー・ジュリックは、もとともピナレロのロードバイクに乗っていた。

実は「砂利が嫌いだった」らしい(^-^;

「まったくばかげていると思った。マウンテンバイクやシクロクロスバイクでいいんじゃないの?」

と、思っていたそう。

しかし、友人に借りたグラベルバイクに乗った後、彼は夢中になってしまう。

 

Photo velonews.com 以下同様

グラベルロードと同様に、ジュリックはO-Symetricリングをグラベルに使うことに懐疑的だった。

しかし、2003年にレースキャリアの終わりに向かって楕円リングを試した後、FSAアウターリングとO-Symetricインナーリングで2004年ツール・ド・フランスに出場。

その後、2004年のオリンピックを行った後、彼は常にO-Symetricを使うことに。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

ボビー・ジュリックはサウスカロライナ州グリーンビルの自宅の周りで、友人のジョージ・ヒンカピー(元USポスタル)とクリスチャン・ヴァンデヴェルデ(元ガーミン)と一緒にグラベルに乗っている。

O-Symetricがペダルストロークのデッドスポットを排除し、リアタイヤがトラクションを失うのを防ぐので、50/38リングは急勾配のグラベルクライミングにも適していると言う。

「4×4のようなものです。どんな所でも走れるよ」とジュリックは言う。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

リアカセットはロード標準の11-28であり、多くのグラベルバイクが使用するものよりも確実に小さい。

O-Symetricを使っているので、これで十分だそうだ。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

ピナレロの自社ブランドMOSTの110mmステムは、対応するスペーサーの上にある。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

MOSTはフレアアウトの時流に乗っている。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

Hammerhead Karooは、Androidベースの大型サイクリングコンピューター。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

650bホイールは、WTB Resoluteタイヤとペアになっている。ロードタイヤと比べても舗装路でもあまり遅くないらしい。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

タイヤクリアランスは十分ですね。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

MOSTは、スペシャライズドの人気のあるPowerモデルと非常に似ているショートサドルも作っている。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

FULL GASS  のマークが。全開で走れってこと?

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

トップチューブは凄く細くなってますね。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

Shimano XTペダル。クランクはREDですね。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

フロントブレーキキャリパーを「フォークフラップ」の後ろに押し込んでも、砂利でのパフォーマンスは向上しない可能性があるが、損傷はなくなるでしょう。

 

https://www.velonews.com/2019/11/bikes-and-tech/ex-pro-bike-bobby-julichs-pinarello-grevil_502543

ボビー・ジュリックは、

この自転車は本当に楽しみです! 私は全くの初心者で、グラベルはグリーンビル周辺で行っただけ。週末のスピリットワールド100の結果を楽しみにしてます。

 

楕円リングは、合う人にはあうんですね。私は合わなくてすぐに止めてしまいましたけど、クリス・フルームも使ってますしね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました