ロードバイクの情報を発信しています!

ジェイ・ヒンドレーが走ることの出来なかったマリアローザカラーのSpecialized Tarmac SL7

機材情報
Image credit: CAuld
この記事は約7分で読めます。

BORA-hansgroheのジェイ・ヒンドレーは、ジロ・デ・イタリア第20ステージで、リチャル・カラパスを突き放し、マリアローザを獲得。

 

第21ステージは、個人タイムトライヤルだったために、ジェイ・ヒンドレーはマリアローザカラーのSpecialized Tarmac SL7でレースを走ることは出来なかった。

だが、SpecializedはしっかりとマアリローザカラーのSpecialized Tarmac SL7を用意しており、表彰式で披露している。

ジェイ・ヒンドレーは、表彰式で乗って見せただけだ。

 

スポンサーリンク

Specialized Tarmac SL7

Image credit: CAuld

 

ジェイ・ヒンドレーは、オーストラリア人で初めてジロ・デ・イタリアを獲得。そして、BORA-hansgroheで初めてジロを獲得したライダーとなっている。

BORA-hansgroheは、グランツールを狙えるチームに成長したと言って良い。

FACT 12RカーボンS-Worksフレームは、1931年以来ジロのリーダーが着用しているマリアローザカラーにカスタムベイントされた。

しかし、ジェイ・ヒンドレーでさえ、Dura-Ace9100と9200コンポーネントを組み合わせて使用。

 

Image credit: CAuld

 

バイクには、ダイレクトマウント・ディレイラーハンガーが装着されている。

リアメカのBリンクを取り除き、システムをより硬くすることで、変速の精度を向上させることができるものだ。

 

Image credit: CAuld

 

興味深いのは、Dura-Ace R9100Pの両面パワーメータークランクセットが装着されていること。

これは旧世代の11速クランクセットで、供給の問題か、新しい12速クランクセットより数グラム軽いからだと思われる。

53/39のチェーンリングが装着されており、他のコンポーネントよりも摩耗しているように見えるので、これまで使われていたものだと想像される。

まあ、実際にレースで走ることはなかったのだから問題ない。

 

Image credit: CAuld

 

バーテープは、SUPACAZをハンドルグリップに使用。サガンも使ってますね。

 

SUPACAZ(スパカズ) Sp. Sticky Kush St Fade Neon Pink バーテープ
SUPACAZ(スパカズ)
・カラー:Neon Pink ・素材:ポリウレタン ・長さ:2160mm ・幅:30mm ・厚み:3mm ・付属品:アルミニウム製バーエンドキャップ、ハイエンドラバーテープ Super Sticky Kush Fade は、鮮やかな色と派手さを兼ね備えたバーテープです。幾何学的なSupacazパターンがエンボス加工されており、グリップと粘着性を最大化します。粘着性のある高度なポリウレタン使用により、グリップ性、 紫外線、気候、汗に強いのが特徴です。

 

Image credit: CAuld

 

ハンドルバーにはスペシャライズドのRoval Rapideのテープを巻いている。

ヒンドレーはシマノの社内コンポーネントブランドであるPROのステムを選んでいる。SL7と同程度の重さのPRO Vibeカーボンステムのようで、性能よりもフィット感で決めたようだ。

見た目は、SL7ステムを使用した場合とは異なり、油圧ホース用のアンダーステムリテンションクリップがなく、スペーサーの移行もスムーズではない。

 

Image credit: CAuld

 

SL7ステムでないため、統合されたアウトフロントコンピュータマウントが使用できず、代わりにK-Edge AeroレースマウントでWahoo Elemnt Bolt IIを固定している。

 

Image credit: CAuld

 

SL7は独自のシートポストを採用しているため、選択肢は多くない。ヒンドレーはほとんどのターマックに装備されている20mmセットバックではなく、0mmオフセットを使用している。

シートポストのボルトを覆っている小さなゴム製のスリーブは見えない。これは約1gの軽量化のためなのか、それとも単に忘れてしまっただけなのか。それについては、わからない。

 

スポンサーリンク

 S-Works Shiv TT bike 

Image credit: CAuld

 

ジェイ・ヒンドレーが第21ステージで乗ったS-Works Shivは、マリアローザカラーではない。まあ、間に合わなかったのでしょうね。(予測していなかった?)

 

Image credit: CAuld

 

変わった点はロゴがピンクになったくらい。メーターもピンクだけど、あとはユニフォームがピンクなのでいいかな。

 

 

絶対にバイクをピンクする必要もないし。Trek-Segafredoのフアン・ロペスも、マアリローザを着ていても、ずっとチームカラーのバイクでしたしね。

 

Image credit: CAuld

 

ホイールはローバル製で、フロントはCLX 64、リアはローバル321のフルディスクタイプを採用。

チューブレスバルブやプロジェクトブラックの採用はなく、S-Works Turbo cottonのタイヤが使用された。

 

Image credit: CAuld

 

TTバイクは、ロードバイクほど乗られることがなく、重量もあまり気にならないので、チームからそれほど投資を受けないことが多い。

ジロ・デ・イタリアの勝者であっても、多くのコンポーネントが前世代のままだ。グループセットはデュラエースR9100で、12速の新型ではない。

ロードバイクと同様、シマノ・デュラエースR9100のペダルとS-Works Aresのシューズを使用。他のライダーとは異なり、特大のプーリーホイールは使ってない。

 

Image credit: CAuld

 

K-EdgeのコンピュータマウントにWahooコンピュータを取り付けている。

ヒンドレーはバーテープの快適さを捨て、滑りを防ぐためにいくつかの重要な部分にグリップテープを使用することを選択している。

K-Edgeはチェーンキャッチャーも提供。

 

Image credit: CAuld

 

シートチューブの裏側にはナンバーワンのロゴが。多分、何台かは用意されてサボートカーに積まれていたのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました