ロードバイクの情報を発信しています!

Israel – Premier Techは、21歳の英国ライダー、メイソン・ホリーマンと契約

海外情報
Photo credit: Grotevriendelijkereus on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

5月31日火曜日、Israel – Premier Techは、英国のライダーであるメイソン・ホリーマン(Mason Hollyman)、2023年の名簿の中でプロ契約を結ぶことを発表した。

メイソン・ホリーマンはIsreal Cycling Academyからワールドチームに昇格となる。

2022年U23リエージュ〜バストーニュ〜リエージで5位。2021ボルタ・ア・ポルトガル第5ステージでプロ初勝利をあげている英国の21歳の若者だ。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

メイソン・ホリーマンは、生きの良い若者で、2021ツアー・オブ・ブリテンではマーク・カヴェンディシュと逃げに乗ったり、2022コッピ・エ・バルタリでも逃げに乗っている。

 

21歳のホリーマンは、英国で最も有望な新しい才能の一人と考えられており、2021年に開発チームに参加して以来、結構目だつ走りを見せている。

西ヨークシャー州ハダースフィールド出身のメイソン・ホリーマンは、クリス・フルームを含むIPTの経験豊富なライダーから学ぶ機会を得ながら、今シーズンのレースに臨んでいる。

 

シーズン開幕前にクリス・フルームとグラン・カナリア島に行って、何キロか走ったんだ。子供の頃のヒーローと毎日一緒に走り、彼から学ぶことは、僕にとってとてもクールなことだったよ。

彼がモン・ヴァントゥで優勝するのを見るために、学校から走って帰ってきたのを覚えている。Israel – Premier Techでプロになるなんて、夢のようだ。

この環境は、僕らの能力を最大限に引き出すのに重要な要素だと思うんだ。大物たちと一緒に走り、彼らから技術を学ぶ機会を得たことは、本当に素晴らしいことだと思う。

この先、ステップアップして何ができるのか楽しみだ。

 

すでに、2クラスでは総合上位に入る力を見せており、チームの若き力として活躍することだろう。集団の先頭を引く姿も結構見られており、まずはアシストからスタートだ。

 

今シーズンはTrofeo PivaやU23リエージュ〜バストーニュ〜リエージで5位以内に入ることができ、とても良いシーズンだった。

これからの2年間は、自分の能力を確認するために使いたい。レベルはやってみないとわからないと思うので、とにかく楽しんで、自分の力を最大限に引き出すことが大事だと思う。

グランツールに出られたらいいですね。もちろん、登り坂が一番得意なコースだ。

アルデンヌのような1日レースもステージレースも好きだから、あまり自分を広げすぎることはないだろう。この先数年で、自分が何に適しているのかがわかると思う。

 

メイソン・ホリーマンは、

  • デレク・ジー(Derek Gee)カナダ出身24歳で3年契約
  • マルコ・フリーゴ(Marco Frigo)イタリア出身で22歳で2年契約

の二人に続く、Isreal Cycling Academyからの3人目のワールドチーム昇格のライダーとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました