ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスのツール・ド・フランスへのロードマップ

海外情報
Photo GeraintThomas86 twitter
この記事は約3分で読めます。

ゲラント・トーマスは当初ジロ・デ・イタリアへの挑戦とクラシックへのレース出場を目指すと発言していた。

だが、ツール・ド・フランスへの未練も捨てきれないトーマスは2020年再びツールを目指すことになった。

 

2020年ツール・ド・フランスを目指すゲラント・トーマスのレーススケジュールが明らかになってきた。

まだ、詳細は決まってないが概ね2018年のレーススケジュールと同じようだ。

 

スポンサーリンク

2020レーススケジュール

現在、トーマスの形になっているレーススケジュールは

Geraint Thomas
レーススケジュール
  • 2.19 Volta ao Algarve em Bicicleta
  • 3.11 Tirreno-Adriatico
  • 4.28 Tour de Romandie
  • 6.6 Tour de Suisse
  • 6.27 Tour de France

チームイネオスから発表されたレーススケジュールは、2018年と全く同じだ。

そして、ゲラント・トーマスの希望通りジロ・デ・イタリアのレース出場は予定からなくなっている。

現在カリフォルニアでトレーニング中のトーマスは、7月にエガン・ベルナルとともにツール・ド・フランスに向かうことになる。

エガン・ベルナルはジロとツールのダブルを狙わずにツール1本に絞る予定で、ツアー・コロンビアからシーズンを開幕する。

 

 

これにより、チームイネオスのグランドツアー振り分けは

 ジロ・デ・イタリア
  • リチャル・カラパス
  • ローハン・デニス
  • タオ・ゲオゲガンハート

ジロのエースは、リチャル・カラパスでセカンドエースがローハン・デニスとタオ・ゲオゲガンハートとなりそうだ。

注目されるローハン・デニスは、グランツールでのエースは本人が難しいと言っているのでどうなんだろう。

 

タイムトライヤルでは間違いなくタイムを稼ぐだろうが、山岳ではどう走るのかな。タイム次第だろうが、カラパスの為に走るのか自身の為に走るのか。

 

 ツール・ド・フランス
  • エガン・ベルナル
  • ゲラント・トーマス
  • クリス・フルーム

 

先月、トーマスはガーディアン紙に次のように語った。

私はツールをターゲットにしている。すべてを確認し、話し合いする必要があるが、現時点では再びツールについて考えている。

ツールの2位は、今では誇りに思うが当時は残念だった。最初から、シーズンの流れ、そしてオフシーズン。ビルドアップは2018年のように順調ではなかったが、私には自信があった。

やはり、相当昨年の2位の結果は悔しいものがあったのだろう。完全に力負けした訳ではないし、自然の力によってレースは短縮。

納得がいってないのはわかる。今度こそ、納得のいく状態でレースに望むのは当然だ。

ゲラント・トーマスはツールで100%の状態を作り上げることに集中する。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました