ロードバイクの情報を発信しています!

プリモッシュ・ログリッチが正式にJumbo-Visma退団を認める 移籍チームは?

海外情報
UnsplashJonathan Kemperが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

ジロ・デッレミリアのレース前に、Jumbo-Vismaのプリモッシュ・ログリッチが退団を正式に認めた。

ただ、2024年にどのチームで走るのかは謎のままだ。

 

スポンサーリンク

Jumbo-Vismaも認める

 

33歳でJumbo-Vismaとの契約が2年残っているが、これは移籍チームがJumbo-Vismaに支払うことになる。

ブエルタを3回勝利したプリモッシュ・ログリッチは、ついにツール・ド・フランス制覇に向けて単独エースとなるチームに移籍する。

INEOS Grenadiersによると、すでにログリッチは他所で契約を完了してるとのこと。ブエルタの最中にLidl-Trekと話をしていることも判明している。

現在有力なのは、Movistar Teamだ。マッティオ・ヨルゲルソンがJumbo-Vismaに移籍となっているので、交換ではないけれどMovistar Teamはログリッチを歓迎するだろう。

 

ただ、Movistar Teamに移籍した場合、エンリク・マスはブエルタに向かうだろう。それか、エンリク・マスがログリッチのアシストをしてブエルタに出場のダブルとなるかもしれない。

Movistar Teamだが、移籍で獲得する選手の名前がまだ、全く情報がない。

移籍するのは4人だけ。

  • マッティオ・ヨルゲルソン Jumbo-Visma
  • ゴルカ・イサギレ Cofidis
  • カルロス・ベローナ Lidl-Trek
  • マックス・カンター Astana Qazaqstan Team

それ以外の19人は決まっていない。INEOS Grenadiersに一人移籍するが、噂の段階だ。ただ、プリモッシュ・ログリッチが移籍してくるならば、大型補強をしないといけない。

これもシーズンが終わればわかることだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました