ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツアー・オブ・スロベニア第1ステージ  初戦のリーダージャージはこの人

海外情報
Image credit: tourofslovenia
この記事は約17分で読めます。

第29回目となるツアー・オブ・スロベニア。Tour of Slovenia(2.Pro)

地元のタデイ・ポガチャルは手首骨折で間に合っていない。

 

過去の優勝者は

  • 2022   タデイ・ポガチャル
  • 2021 タデイ・ポガチャル
  • 2019 ディエゴ・ウルッシ
  • 2018 プリモッシュ・ログリッチ
  • 2017 ラファウ・マイカ
  • 2016 レイン・タラマエ
  • 2015 プリモッシュ・ログリッチ
  • 2014  MACHADO Tiago 
  • 2013  ROGINA Radoslav
  • 2012  BRAJKOVIČ Janez
  • 2011 ディエゴ・ウルッシ

 

スポンサーリンク

第1ステージ ツェリェ~ロガシュカ・スラティナ 188.6km

コースプロフィール photo tourofslovenia

 

かなりのアップダウンがあるように見えるけれど、スプリンターがゴールを狙うステージとなる。

 

  1. スプリントポイント   Braslovče
  2. 4級山岳  Žička kartuzija  1.6km・6.2%
  3.  スプリントポイント   Šentjur
  4. スプリントポイント   Šmarje pri Jelšah

 

注目のライダーは

  • UAE Team Emirates ティム・ウェレンス、アルバロホセ・ホッジ、フアン・モラノ、ディエゴ・ウリッシ
  • BORA – hansgrohe イーデ・シェリング、ジョヴァンニ・アレオッティ
  • Team Jayco AlUla アレッサンドロ・デマルキ、ディラン・フルーネウェーヘン、フィリッポ・ザナ
  • Bahrain – Victorious ヒィル・バウハウス、ワウト・プールス、マテイ・モホリッチ
  • EOLO-Kometa マッティア・バイス、ロレンツォ・フォルトゥナート
  • Green Project-Bardiani CSF-Faizanè アレッサンドロ・トネッリ、サミュエル・ゾッカラート
  • Q36.5 Pro Cycling Team マッティオ・モスケッティ

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

スロベニアということで、地元のBahrain Victoriousのマテイ・モホリッチは注目されている。

 

 

スプリントでは、ディラン・フルーネウェーヘンが一流スプリンターとして君臨しそうだ。

 

スロベニアのチームが先頭に。

 

オフィシャルスタート。

 

4人の逃げ

残り176kmから4人の逃げが決まる。

  1. アンドレア・ガロシロ EOLO-Kometa
  2. MURN Boštjan (Adria Mobil)
  3. ジョン・クノール (Team Vorarlberg)
  4. KALOJÍROS Tomáš (RRK Group – Pierre Baguette – Benzinol)

 

スプリントポイント   Braslovče

ポイント獲得順位は

  1. KALOJÍROS Tomáš (RRK Group – Pierre Baguette – Benzinol) 5ポイント・3秒
  2. アンドレア・ガロシロ EOLO-Kometa 3ポイント・2秒
  3. MURN Boštjan (Adria Mobil) 1ポイント・1秒

 

残り96.3kmでタイム差は、3分15秒。

 

集団はディラン・フルーネウェーヘンのためにTeam Jayco AlUlaが引く。後ろは、逃げているアンドレア・ガロシロのためにEOLO-Kometaが陣取っている。

 

残り75kmで1分35秒差に。山岳ポイントまで5.5km。

 

4級山岳  Žička kartuzija  1.6km・6.2%

ここを取れば山岳賞ジャージ獲得となる。

 

3人となった時に、EOLO-Kometaのアンドレア・ガロシロがアタック!

 

まあ、プロ選手なので取らないとね。これで山岳賞ジャージ決定だ。

  1. アンドレア・ガロシロ EOLO-Kometa 1ポイント

 

集団も山岳ポイントを通過。

 

先頭は3人に。残り64.8kmで2分10秒差。

  1. アンドレア・ガロシロ EOLO-Kometa
  2. MURN Boštjan (Adria Mobil)
  3. ジョン・クノール (Team Vorarlberg)

 

先頭からちぎれたライダーが集団に捕まる。

 

 スプリントポイント   Šentjur

スプリントポイント通過。

  1. MURN Boštjan (Adria Mobil) 5ポイント・3秒
  2. ジョン・クノール (Team Vorarlberg) 3ポイント・2秒
  3. アンドレア・ガロシロ EOLO-Kometa 1ポイント・1秒

 

集団が迫った所で、単独で一人が逃げだす。

  1. MURN Boštjan (Adria Mobil)

 

集団で落車。

  1. アレックス・マーティン (EOLO-Kometa)
  2. アレッサンドロ・デマルキ (Team Jayco AlUla)

 

 

残り44.8km。

 

Equipo Kern Pharmaのカルロス・ガルシアが追走に。

 

あ~、だが転倒してしまう。すぐ立ち上がって走りだした。

 

タイム差が出ないが、それほど離れていない。

 

スプリントポイント   Šmarje pri Jelšah

1位通過。

  1. MURN Boštjan (Adria Mobil) 5ポイント・3秒
  2. カルロス・ガルシア Equipo Kern Pharma 3ポイント・2秒
  3. ディエゴ・ウリッシ UAE Team Emirates 1ポイント・1秒

 

残り35.9kmで捕まってしまう。

 

集団から逃げだしがかかるが逃がさない。

 

集団からHuman Powered Healthのセバスチャン・シェーンベルガーが単独アタックに成功。

 

二人が落車。

  •  SANTAROMITA Alessandro (Green Project-Bardiani CSF-Faizanè)
  •  ABREHA Negasi Haylu (Q36.5 Pro Cycling Team)

 

セバスチャン・シェーンベルガーは、残り17.9kmで捕まってしまう。

 

UAE Team Emiratesのフアン・モラノは集団から遅れてしまった。

 

二人が集団からぬけだした。

  1.  アレッサンドロ・フェデーリ (Q36.5 Pro Cycling Team)
  2.  ルーカス・エリクソン (Tudor Pro Cycling Team)

 

これに後ろからGreen Project-Bardiani CSF-Faizanèのアレッサンドロ・トネッリが追いついた。

 

残り10.8kmで13秒差とわずかなリード。

 

残り7.4kmで20秒差に。

 

残り5kmでBahrain Victoriousのワウト・プールスとニコロ・ブラッティが集団を牽引。

 

残り3.3kmで10秒差だ。

 

残り2.8kmで9秒。後ろに集団は見えている。

 

残り1.7kmで9秒差に。

 

900mまできた。

 

さあ、ゴール前だ。

 

まだ、3人は粘っている。

 

あ~、捕まってしまった。

 

Team Jayco AlUlaのルカ・メズゲッツが3人を追いこしていく。

 

 

ルカ・メズゲッツのリードアウトからディラン・フルーネウェーヘンが発射!

 

Bahrain Victoriousのヒィル・バウハウスが対抗する。

 

ヒィル・バウハウスとディラン・フルーネウェーヘンの一騎打ちだ。

 

ゴール前で二人がハンドルを投げる!

 

 

勝ったのは、ディラン・フルーネウェーヘンだ~!

さすがに、ツールで勝利を狙うスプリンターが負ける訳にはいかない。第1ステージを見事に制してみせた。明日はリーダージャージで登場となる。

 

スポンサーリンク

リザルト

ディラン・フルーネウェーヘンのコメント

これについてはチームに感謝できる。とても厳しいステージだった。最初は簡単だったが、BORA-hansgroheとTudor Pro Cycling Teamが登りでアタックした。

私のようなスプリンターにとってそれは確かに簡単なことではないが、幸運なことにチームには休憩に戻るのに十分な時間があった。

最終的にはチーム全員を使って帰りの飛行機に乗る。他のチームからは何の助けも得られないが、理由はわからない。でもまあ、我々は勝利を収めたし、ルカ・メズゲッツが素晴らしいリードアウトを見せてくれた。

彼は本当に完璧だったので、私にとっては勝利をつかむのがより簡単になった。とても厳しい一日だった。決勝では苦しかったが、それだけに勝ててよかった。チームに改めて感謝したいと思う。今日は彼らにとても助けられた。今夜はこれを盛大に祝うときだ!

第1ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 20
10″
4:33:23
2
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious 15
6″
,,
3
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 10
4″
,,
4
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Human Powered Health 5   ,,
5
 GONZÁLEZ David
Caja Rural – Seguros RGA 3   ,,
6
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe     ,,
7
 FROIDEVAUX Robin
Tudor Pro Cycling Team     ,,
8
 BARRENETXEA Jon
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
9
 BARCELÓ Fernando
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
10
 CANAL Carlos
Euskaltel – Euskadi     ,,
11
 GABBURO Davide
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
12
 COLNAGHI Luca
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
13
 HODEG Álvaro José
UAE Team Emirates     ,,
14
 SKOK Anže
Ljubljana Gusto Santic     ,,
15
 KELEMEN Petr
Tudor Pro Cycling Team     ,,
16
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi     ,,
17
 BLOUWE Louis
Bingoal WB     ,,
18
 BAIS Davide
EOLO-Kometa     ,,
19
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates     ,,
20
 NICOLAU Joel
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
21
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla     ,,
22
 RAJOVIĆ Dušan
Bahrain – Victorious     ,,
23
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates  
1″
,,
24
 FANCELLU Alessandro
EOLO-Kometa     ,,
25
 HOPKINS Dylan
Ljubljana Gusto Santic     ,,
26
 VAN DER BEKEN Aaron
Bingoal WB     ,,
27
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi     ,,
28
 FINKŠT Tilen
Adria Mobil     ,,
29
 ZANA Filippo
Team Jayco AlUla     ,,
30
 LÜHRS Luis-Joe
BORA – hansgrohe     ,,

総合

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 5
10″
4:33:13
2
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious  
6″
0:04
3
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team  
4″
0:06
4
 GAROSIO Andrea
EOLO-Kometa  
3″
0:07
5
 GARCÍA PIERNA Raúl
Equipo Kern Pharma  
2″
0:08
6
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates  
1″
0:09
7
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Human Powered Health     0:10
8
 GONZÁLEZ David
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
9
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe     ,,
10
 FROIDEVAUX Robin
Tudor Pro Cycling Team     ,,
11
 BARRENETXEA Jon
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
12
 BARCELÓ Fernando
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
13
 CANAL Carlos
Euskaltel – Euskadi     ,,
14
 GABBURO Davide
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
15
 COLNAGHI Luca
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
16
 HODEG Álvaro José
UAE Team Emirates     ,,
17
 SKOK Anže
Ljubljana Gusto Santic     ,,
18
 KELEMEN Petr
Tudor Pro Cycling Team     ,,
19
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi     ,,
20
 BLOUWE Louis
Bingoal WB     ,,
21
 BAIS Davide
EOLO-Kometa     ,,
22
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates     ,,
23
 NICOLAU Joel
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
24
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla     ,,
25
 RAJOVIĆ Dušan
Bahrain – Victorious     ,,
26
 FANCELLU Alessandro
EOLO-Kometa     ,,
27
 HOPKINS Dylan
Ljubljana Gusto Santic     ,,
28
 VAN DER BEKEN Aaron
Bingoal WB     ,,
29
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi     ,,
30
 FINKŠT Tilen
Adria Mobil     ,,

ポイント賞

Rnk Rider Team Points
1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 25
2
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious 20
3
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 16
4
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Human Powered Health 14
5
 GONZÁLEZ David
Caja Rural – Seguros RGA 12
6
 MURN Boštjan
Adria Mobil 11
7
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe 10
8
 FROIDEVAUX Robin
Tudor Pro Cycling Team 9
9
 KALOJÍROS Tomáš
RRK Group – Pierre Baguette – Benzinol 8
10
 BARRENETXEA Jon
Caja Rural – Seguros RGA 8

山岳賞

Rnk Rider Team Points
1
 GAROSIO Andrea
EOLO-Kometa 1

新人賞

Rnk Rider Team Time
1
 GARCÍA PIERNA Raúl
Equipo Kern Pharma 4:33:21
2
 CANAL Carlos
Euskaltel – Euskadi 0:02
3
 HOPKINS Dylan
Ljubljana Gusto Santic ,,
4
 LÜHRS Luis-Joe
BORA – hansgrohe ,,
5
 CHRISTEN Fabio
Q36.5 Pro Cycling Team ,,
6
 CAMPRUBI Marcel
Q36.5 Pro Cycling Team ,,
7
 GREGORCIC Natan
Ljubljana Gusto Santic ,,
8
 PIGANZOLI Davide
EOLO-Kometa ,,
9
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health ,,
10
 ISASA Xabier
Euskaltel – Euskadi ,,
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました