ロードバイクの情報を発信しています!

ジュリアン・アラフィリップは困難な2022シーズンを振り返る アルカンシェルの呪いは解けるのか?

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約6分で読めます。

ジュリアン・アラフィリップは2020年、2021年と世界選手権ロードを勝ち取り連覇を果たした。

だが、昨シーズンからのケガや落車を考えると、アルカンシェルの呪いがあったとしか思えない出来事が続いた。

それは勝利数にも表れている。2018年、2019年と12勝を上げていたが、2022年シーズンはわずか2勝に留まっている。

ジュリアン・アラフィリップは特に困難だった2022年シーズンについて振り返っている。

 

スポンサーリンク

常に回復の日々

 

2021年には4勝を上げたが、2022年のジュリアン・アラフィリップの勝利はわずか2勝。

  • イツリア・バスク・カントリー 第2ステージ 優勝
  • ツール・ド・ワロンヌ第1ステージ 優勝

レース数も少なく、45レースしか走れていない。これも全て落車と7月末に発症したコロナが原因だ。

 

これについてジュリアンは、

「2022年のレースでは100%の状態ではなく、常にビルドアップ状態だった。もちろん、今シーズンを自分の希望や野心と一致させるのは難しい。特にレインボージャージを着た者としてね。

自分のキャリアの中で最も難しいシーズンだったが、家族があらゆる困難を克服するために助けてくれた。」

 

イタリアとベルギーでの重大事故

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Julian Alaphilippe(@alafpolak)がシェアした投稿

 

今シーズンのジュリアン・アラフィリップは落車の連続だった。

不運としかいいようのない事故が相次ぐ。そのためツール・ド・フランス出場を逃し、ブエルタに出場したが、これもリタイヤ。

今一度、ジュリアンの困難な今シーズンを振り返ると。

シーズン最初のツール・ド・ラ・プロヴァンスは総合2位で終えている。だが、これも万全の状態で迎えた訳ではなかった。

 

そして、ストラーデビアンケでは宙を舞う落車をしてしまう。なんとかゴールしたけど失意の58位。

 

プランツパイルでは、チームサポートカーに落車をさせられてしまいDNS。

 

ミラノ~サンレモも気管支炎で欠場。

 

そして、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでは、肩甲骨の骨折、2本の肋骨の骨折、肺の虚脱の大けが。ロマン・バルデに助けられている。

 

そして、復帰したツール・ド・ワロニーで第1ステージ優勝。だが、コロナにより第3ステージでリタイヤとなってしまう。

 

そして、ブエルタ第11ステージのカーブで単独落車で肩の脱臼。レムコの山岳アシストの仕事も出来ずリタイヤとなってしまう。

 

特に、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュの骨折では、2か月の強制休養となり、ツールも逃している。

 

「怪我から何度も復帰することは、実はクラッシュそのものよりも大変なことだった。痛みはそれほどでもなかったかもしれないが、ずっと長く続いた。

ダウンヒルで危険な状態になると、以前より少しクラッシュが怖くなるんだ。だからといって、もっとブレーキをかけるとか、今のダウンヒルライダーが悪いというわけではない。」

 

後遺症はなし

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Julian Alaphilippe(@alafpolak)がシェアした投稿

 

しかし、これだけの落車にあっても、物理的には後遺症はない。

「幸いなことに、今は自転車に乗っても痛みはない。だから、レースも怖くない。2023年、私を妨げるものは何もない。

子供の頃、ツアー・オブ・フランドルをテレビで見るのが大好きだった。2020年に初めてツアー・オブ・フランドルを走ったけど、クラッシュしてしまった。」

 

「レースは痛いし、肉体的にも精神的にも厳しいが、好きなレースだ。2023年のツールに復帰し、ベストの状態で走りたい。

調子がいいとき、うまくいっているときは、本当に楽しくて仕方がないんだ。成功は、ツールや他のすべての瞬間の痛みを取り除いてくれる。」

 

2023年シーズン、ジュリアン・アラフィリップはアルカンシェルで走ることはない。再び、アタックを繰り返すジュリアンの姿が見られるはずだ。

ジュリアン・アラフィリップの2023レーススケジュールは

  • 24.03  E3 サクソバンク・クラシック
  • 26.03 ヘント〜ウェヴェルヘム
  • 29.03 ドワルス・ドール・フラーンデレン
  • 02.04 ロンド・ファン・フラーンデレン
  • 16.04 アムステルダムゴールドレース
  • 19.04 フレッシュ・ワロンヌ
  • 23.04 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
  • 01.07 ツール・ド・フランス

フランダースクラシックだけでなく、アルデンヌクラシックもジュリアンの目標の一つとなる。特に、フレッシュ・ワロンヌでは4回目の優勝がかかっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました