ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaからコロナ陽性が出た理由をヨス・ファンエムデムが暴露

海外情報
Image by Pexels from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

Team Jumbo-Vismaは、ステファン・クライスヴァイクからコロナ陽性反応が出たためにジロからチームごと撤退してしまった。

ミッチェルトン・スコットに続いて撤退する2チーム目となった訳だ。

この陽性になってしまった理由について、チームメイトのヨス・ファンエムデム(Jos van Emden)がポットキャストで暴露してくれた。

ステファン・クライスヴァイクがコロナ陽性反応になってしまった原因とは?

 

スポンサーリンク

間違っている

 

ヨス・ファンエムデムは、ジロの主催者(RCS Sport)の対応の不十分が今回のウイルス感染につながったと暴露。

ポットキャストで、ホテルでの様子を話ししてくれている。

 

私たちが最初に訪れたホテルでは、すでに問題が発生していた。私たちは4つ、おそらく5つのチームでそこにいた。彼らは状況を知っているので、それは問題ではないと思う。

……普通の人がいて、みんな同じビュッフェで食べていた。それは本当に大きな間違いだ。

上のインスタグラムの写真を見ても開放的で、各チーム個別で食事をしているようには見えない。

実際、一般客と一緒だったというのだからお粗末だ。

 

クイックステップの誰かから、彼らも全く同じだと聞いた。彼は食堂での様子を動画で送ってくれた。ミッチェルトン・スコットもそのホテルにいて、今サイモン・イェーツが感染している。

彼がウイルスをどこで入手したかは間違いなくわかる。それは間違っている!

他の一般客と一緒に2つのホテルで10チーム。これでは感染なんて防げる訳がない。

 

ヨスファン・エムデムは更にUCIを非難し、何故UCIが規制をしないのかわからないと言う。

通常であれば、各フロアーに1チームが占有し、食事も各チームで個別に別室で取るのが当たり前だと思っていた。

今回のヨスファン・エムデムの報告を聞く限り、全く対策が取れていなかったことになる。

各チームは、感染しないために最大限の努力をしているが、主催者側が全くお粗末な対応では感染するばすだ。

ヨスファン・エムデムは感染者が出たことに全く驚かなったと言う。当たり前の話だろう。これから先もいくらでも感染者が出るはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました