ロードバイクの情報を発信しています!

Team Jumbo-Vismaの5年間の課題はタデイ・ポガチャルに勝つ方法を探すことだと言う

海外情報
Photo credit: fcuencadiaz on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

2021ツール・ド・フランスは、タデイ・ポガチャルの二連覇となった。

Jumbo-Vismaは、昨年に続き総合2位を獲得したが、総合優勝を目指していたプリモッシュ・ログリッチは、失意のリタイヤとなってしまう。

だが、プリモッシュ・ログリッチは、オリンピックで圧倒的なTTの強さて金メダルを獲得。力を見せつけている。

来年は、ツールにログリッチも戻ってくるが、チームの課題はタデイ・ポガチャルを如何にして倒す方法を見つけるかということだ。

 

スポンサーリンク

タデイ・ポガチャルを破る

Photo credit: babbo1957 on VisualHunt.com

 

Team Jumbo-Vismaの監督、 メリン・ジーマン(Merijn Zeeman)は、タデイ・ポガチャルを倒す方法を見つけることが、今後数年間の最大の課題だと述べている。

22歳のポガチャルは、ツール・ド・フランスを支配し続ける可能性は高い。すでにチームと2027年まで契約延長しており、チームのバックアップ体制も万全だ。

 

総合2位となったヨナス・ヴィンゲコーも、グランドツアーでリーダーシップを発揮する準備が出来ている。

来年は、ヨナス・ヴィンゲコーの母国デンマークで開幕するので出るのは当然だと思うけど。

 

ヨナスの来年のスケジュールを決めるのはまだ早いが、我々はすでに彼を信じており、だからこそ彼との契約を延長し、リーダーとして育てるためにハイポテンシャルプログラムを与えたのだということを明確にしておきたい。

彼はコッピ・エ・バルタリではリーダーであり、バスク・カントリーではログリッチに次ぐシャドーリーダーだったが、今も成長を続けている。

我々にとって、彼は今、GCの重要なオプションとなっている。

とゼーマンは述べている。

 

チーム力の向上

 

Team Jumbo-Vismaは、ツールでプリモッシュ・ログリッチを失ったが、ワウト・ファンアールトは、ステージ3勝をあげ、セップ・クスも山岳ステージで優勝。

改めて、チームのポテンシャルは示している。来シーズン、ジョージ・ベネットは移籍するという噂だが、イネオスからローハン・デニスが到着するというニュースが数週間で報じられるだろう。

オリンピックでは、プリモッシュ・ログリッチ、トム・デュムラン、ローハン・デニスと3人が表彰台のメンバーとなったが、メダリスト3人がチームにいることになれば、チーム力は更に上がる。

プリモッシュ・ログリッチが、ツールにかける思いは溜まりにたまっているだろう。

まずは、ブエルタでログリッチが帰ってくるのか、来年のツールでタデイ・ポガチャルと戦うのか注目してみたい。

タデイ・ポガチャルを破るには、チームの総合力で戦うしか方法はないだろう。それは2020ツールを見てもわかる。来年のツールでTeam Jumbo-Vismaのメンバーはどうなるのかも注目だ。

是非、タデイ・ポガチャルを破る方法を見つけて貰いたい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました