ロードバイクの情報を発信しています!

ジャスパー・フィリップセンの2019年コルナゴC64

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/ 機材情報
この記事は約6分で読めます。

ジャスパー・フィリップセンは若干21歳の若者。2019年からUAE Team Emiratesと2年契約。

ノケレ・コールスでは3位表彰台。そして今年のツアー・ダウンアンダーではカレブ・ユアンの頭突きをうけながらも、ワールドツアーで初勝利。

 

将来のある若手スプリンターとして活躍が期待されています。

 

スポンサーリンク

ノケレ・コールス2019

ノケレ・コールス2019表彰台

ノケレ・コールスはヨーロッパツアーのHCクラスでセミクラッシック。

コースは全長195.6km。残り110kmを切ってからノケレの街を中心とした周回コースとなる。14.2kmの周回コースを3周、その後34.4kmコースを2周回する。

「ノケレベルク」を6回も登るこのコース。全長400mで平均勾配6%の石畳の登りだ。

登りだけでも、大変なのに石畳の登りを6回も上がるのだから、スキルとパワーがないと生き残れない。

この登りの頂上にフィニッシュラインが引かれているだが、ラスト1kmから500mまでの間に平均2%の下りがあるので、勢いをつけて登ることが出来るのだ。

石畳のあるこのコース、今回は2018年シクロクロス世界チャンピオンのマチュー・ファンデルプールが、石畳のゴール前で落車してしまった。

その時に、ゴールスプリントで3位になったのがジャスパー・フィリップセンだ。

生き残ることさえも、難しい実力のいるコースで最後までスプリントに残れる力を持った選手なのだ。

 

こちらはノケレ・コールスの前半。あまり動きがないので退屈でした。

 

こちらはノケレ・コールスの後半。

 

Colnago C64

UAE Team Emiratesのライダーは、2019シーズンに向けてColnagoのC64、V2-RおよびConceptフレームセットを選択し、Philipsenは今シーズン、リムブレーキとディスクブレーキを搭載したColnago C64の両方を採用しました。

それぞれのバイクの特徴は?

Colnago C64

60年を超えるコルナゴの歴史の中で、Cの名を冠したコルナゴのフラッグシップカーボンバイク。

Colnago V2R

V1-rのディティールを踏襲し空力、剛性をさらに向上させ、フレーム各部を強化したうえで重量増を抑えたコルナゴ最軽量モデル。

Colnago Concept

NACA(アメリカ航空諮問委員会)のウインドウテストデータを基に設計されたエアロロード

 

Colnagoフレームセットはパーツとして

  • Campagnolo
  • Vittoria
  • Deda
  • Prologo
  • Elite

各イタリア製コンポーネントをほぼ完全に装備しています。ルックペダルのみフランス製です。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

フレームのマットブラック仕上げは白と赤のハイライトと対照的ですが、アラブ首長国連邦の国旗は自転車のシートチューブに表示されます。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

ボトルゲージはElite Ciussiを使用。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

これだけがフランス製のLOOKペダル。Shimanoは使わないのかな?

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

Campagnolo Super Record 12スピードEPSドライブトレインを装備

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

Campagnoloのダイレクトマウント

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

Campagnolo Super Recordのブレーキレバーのデカールはカッコイイ!

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

Canpagnolo Bora Ultra 50ホイールはKuurne-Brussel-Kuurneのレースでも使用。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

Deda Zero 100コンポーネントで構成されています。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

Prologo NDRのサドル。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

K-Zeroタイムトライアルトレーニングバイク。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

どうやら、フィリップセンの自宅で撮影したようです。どおりでバックが倉庫みたいな写真が多い訳です。

http://www.cyclingnews.com/features/jasper-philipsens-2019-colnago-c64-gallery/

こちらは、フィリップセンがバイクペーサーで使用しているようです。前輪が当たるローラーがついてますね。

 

コルナゴ関連の記事です。コルナゴも電動出すのかよ~と言った感じですけど。

 

Jasper PhilipsenのColnago C64フルバイク仕様

  • フレームセット: Colnago C64
  • フロントブレーキ: Campagnoloダイレクトマウント
  • リアブレーキ: Campagnoloダイレクトマウント
  • ブレーキ/シフトレバー: Campagnolo Super Record EPS 12-speed
  • フロントディレイラー: Campagnolo – Super Record EPS 12スピード
  • リアディレイラー: Campagnolo – Super Record EPS 12スピード
  • カセット: Campagnoloスーパーレコード、11〜29
  • チェーン: Campagnolo Record 12スピード
  • クランクセット: Campagnolo Super Record 12スピード
  • ホイールセット: Campagnolo – Bora Ultra 50
  • タイヤ: Vittoria Corsa Controlチューブラー
  • ハンドルバー: Deda Zero 100、420mm
  • ステム: Deda Zero 100
  • ペダル: Keo Blade Carbonを見て
  • サドル: Prologo NDR
  • シートポスト: Colnago C64
  • ボトルケージ: Elite Ciussi
  • その他のアクセサリ: K-Edgeアウトフロントコンピュータマウント
  • ライダーの身長: 1.76m
  • シートの高さ(中央の下括弧から): 770mm

 

ジャスパー・フィリップセンは、登りスプリントも石畳もこなせるので、期待大です。チームには、フェルナンド・ガビリアやアレクサンダー・クリストフなどの実力のあるスプリンターがいますが、安定して上位にはいっているので、順調に伸びて言ってほしい所です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました