ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ジロ・デ・イタリア Jumbo-Vismaは呪われているのか  5人目のメンバー交代は前日に

海外情報
UnsplashElement5 Digitalが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

ジロ・デ・イタリア初制覇を目指すプリモッシュ・ログリッチだが、Jumbo-Vismaは呪われているのかもしれない。

これまでも、以下のライダーが交代

  • ウィルコ・ケルデルマン  落車からの回復遅れ
  • トビアス・フォス コロナ陽性
  • ロベルト・ヘーシンク コロナ陽性
  • ヨス・ファンエムデン コロナ陽性

 

そして、新たなメンバー交代はヤン・トラトニクだ。彼に何があったのか。

 

スポンサーリンク

ヤン・トラトニク

 

Bahrain Victoriousから移籍して、ヤン・トラトニクは変わらず素晴らしい走りを見せていた。上の写真は2023リエージュ〜バストーニュ〜リエージュのもの。

ヤン・トラトニクは、前日のチームプレゼンテーションにも出ていた。

 

 

チームからの報告では、

「ヤン・トラトニクはタイムトライアルバイクで練習していて、バイクから転落した。

広い道で、郵便車に乗った女性が道路を横切り、彼を見落としていた。彼は背を向けることができたが、車を避けることはできなかった。

ヤンはボンネットを越えてしまい、膝に怪我を負った。ジロを開始することは不可能だ。それは、すでにそこにあるコロナのケースの後、再びチームへの打撃となる。」

これだけメンバー変更をしたチームはない。

 

トーマス・グローグ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thomas Gloag(@tomgloag)がシェアした投稿

 

リザーブだったトーマス・グローグがオランダからイタリアに飛行機で飛んできている。

彼のロードバイクは自分で持ってくる。ただ、TTバイクなどはチームが用意しないといけないのでは。一人で2台持ってくるのは難しいと思う。

トーマス・グローグは、2022年からtrainee(研修生)としてチーム入りしていた。

 

2022年から目だった走りを見せていたが、2023ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナでは第4ステージで2位。この時には、登りスプリントでテイオ・ゲイガンハートに続いてゴールに飛び込んでいる。

この走りで総合6位。そして上記Instagramの写真のように新人賞も獲得している。とにかく登りに強く、良く逃げにも乗るライダーだ。

直前のツール・ド・ロマンディでも最終ステージで逃げに乗っており、総合11位でゴールしている。

だが、ヤン・トラトニクの代役が完璧にこなせるのかはわからない。プリモッシュ・ログリッチにとって、5回ものメンバー交代は精神的に打撃を与えるだろうか。

ベストメンバーでないことは明らかであり、少し懸念材料となりそうだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました