ロードバイクの情報を発信しています!

INEOS Grenadiersがツール・ド・フランスのメンバー発表 移籍する人は出場させない?

海外情報
Photo credit: Geoff J Mckay on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

イネオス・グレナディアスがツール・ド・フランスのメンバーを発表。

大体皆さんの想像通りのメンバーでしょうけれども、リーダーの指名はされてないですね。

イネオスの場合には、リーダー同士の仲が悪くてレースでうまくいかないということはないので問題ないでしょうけど。

 

スポンサーリンク

ツールメンバー

 

  • ゲラント・トーマス 2018ツール優勝・2019ツール2位
  • リチャル・カラパス 2019ジロ優勝
  • テイオ・ゲイガンハート 2020ジロ優勝
  • リッチー・ポート  2020ツール3位
  • ミハウ・クフィアトコフスキ
  • ルーク・ロウ
  • ディラン・ファンバーレ
  • ヨナタン・カストロピエホ

 

グランドツアー優勝者を3人揃えたメンバー構成。

ただ、メンバー入りする実力があると思われるローハン・デニスの名前はない。2020年ジロ・デ・イタリアでテイオ・ゲイガンハートの総合優勝を支えた影のMVPとも言える選手を出場させないなんて。

元世界TTチャンピオンであり、今年はボルタ・ア・カタルーニャの個人タイムトライヤルでも優勝しており、独走力は衰えていない。

だが、ローハン・デニスは移籍の噂がある、というか今シーズン限りでイネオスを去る。

最新の情報では、UAEではなくライバルチームのユンボ・ヴィズマに移籍が濃厚になったと報道されている。

一人で3人分の働きをする元世界TTチャンピオンのトニー・マルティンの後釜に据える予定だ。

Deceuninck-Quick-Stepなどは、移籍するサム・ベネットも問題なくツールに出場する。イネオスの場合には、昔ながらのやり方で、移籍する選手には活躍の場を与えないといった感じだ。

結局、ローハン・デニスはジロ、ツールに続いて、ブエルタにも出れないかもしれない。

 

リーダー指名はなしと言うけど

今回のメンバーにはグランドツアー優勝者が3人いる。

指名はしないと言っても、リーダーはコースによって決まってくるだろう。今年のツール・ド・フランスには個人タイムトライヤルが2回。

  • 第5ステージ 27.2km
  • 第20ステージ 30.8km

実に、計58kmもの距離を一人で走らないといけない。

仮に、リチャル・カラパスやテイオ・ゲイガンハートが第20ステージまでに、総合首位となるには、相当山岳でリードしないといけない。

しかし、今年のツールは往年のコース設定で、スプリンターステージが8回。山頂フニッシュは3回あるが、どう考えても山岳ステージが少なくクライマーが有利なコースではない。

個人タイムトライヤルの距離を考えると、イネオスが山岳でアシストしなければならないライダーはゲラント・トーマスだろう。

特に、TTではリッチー・ボートも早いので、総合上位には顔を出すはずだ。クリテリウム・ドーフィネでは総合優勝したし。

 

ツールの総合争いは、UAE-Team Emirates、Team Jumbo-Visma、INEOS Grenadiersとなるだろうが、リーダーの力量としてはどうだろう。

いくらチーム力が強くても、少ないチャンスを物に出来るライダーは誰となるかは、なんとなく想像がつくだろう。

イネオスが2年振りの総合優勝出来るのかは、蓋を開けてみないとわからない。期待したいのは、アグレッシブなレースを展開して貰うことだ。

各ステージでアタックを見せて、予想外のレースを期待したい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました