ロードバイクの情報を発信しています!

ハンガリーTT王者がCCC Teamとプロ契約 CCC Teamの2020メンバー決定!

海外情報
Photo Attila Valter instagram
この記事は約4分で読めます。

CCC Taemは、2019ハンガリーTTチャンピオンのAttila Valterとの契約を発表した。

これによって、CCC Teamは2020年のメンバー28人が決定したことになる。

来シーズンは、飛躍の年となるかな?

 

スポンサーリンク

ハンガリーTTチャンピオン Attila Valter

21歳のAttila Valter。2018年シーズンの20歳の時にはハンガリーのU23ロードとタイムトライヤルの両方でチャンピオンとなっている。

迎えた2019年はU23を卒業してエリートクラスでハンガリーのTTチャンピオンを獲得。ロードも3位なので、来シーズン以降はハンガリー王者となるのも時間の問題かな。

彼は、ワールドツアーでは来シーズン唯一のハンガリー出身のライダーとなる。来年のジロ・デ・イタリアのスタートはハンガリーからスタートだ。

まあ、まだ出場は出来ないだろうがハンガリーのライダーとしてワールドツアーで来シーズンは爪痕を残して欲しいと思う。

 

CCC Team 2020

来シーズンのCCC Teamは、チーム発足のゴタゴタで選手を集められなかった今年とは違い大きく戦力アップが図られた。

これで、グレッグ・ファン・アーベルマート一人で孤軍奮闘しなければいけないということもなくなるだろう。

なんせ、今シーズンはアーベルマートの3勝とパトリック・ペヴィンの2勝。あとはハンマーシリーズでチーム勝利した6勝しかしてないのだから。

 

CCC Team  
2020 メンバー 赤字は新規加入
  • ウィリアム・バルタ(アメリカ)
  • パトリック・ベヴィン(NZ)
  • ヨセフ・チェルニー(CZE)
  • ビクトル・デラパルテ(ESP)
  • アレッサンドロ・デマルキ(ITA)
  • サイモン・ゲシュケ(GER)
  • カミル・グラデク(POL)
  • ヤン・ヒルト(CZE)
  • ヨナス・コッホ(GER)
  • パヴェル・コチェトコフト (RUS)
  • ヤコブ・マレツコ(ITA)
  • ファウスト・マスナダ(ITA)
  • Kamil Małecki (POL)
  • Michał Paluta(POL)
  • セルジュ・パウェルス(BEL)
  • ジョセフ・ロスコフ(USA)
  • シュモン・サイノク(POL)
  • ミハヒャエル・シェアー(SUI)
  • マッティオ・トレンティン(ITA)
  • Attila Valter(HUN)
  • グレッグ・ファン・アーベルマート(BEL)
  • ハイス・ファンフック(BEL)
  • ネイサン・ファンフーイドンク(BEL)
  • ギヨーム・ファンケイルスブルク(BEL)
  • フランシスコホセ・ヴェントソ(ESP)
  • ルーカス・オウシアン (POL)
  • イルヌール・ザッカリン(RUS)
  • Georg Zimmermann(GER)

 

大きな戦力アップの移籍報告はこちら。その他の移籍はCCC Sprandi Polkowice からのたたき上げ組だ。
カチューシャのエース、イルヌール・ザッカリンがCCCチームに移籍
Team Katusha Alpecinのエースであるイルヌール・ザッカリンがCCC Teamと2年契約を結んだ。 前から噂はあったが、CCC Teamに行くとは~。 Team Katusha Alpecinは、チーム存続が危ぶまれてお...
パヴェル・コチェトコフトがザッカリンを追ってTeam CCCに移籍
Katusha- Alpecinのパヴェル・コチェトコフトは、2020年にCCC Teamに移籍することになった。 CCCには、すでにKatusha- Alpecinのエースだったイルヌール・ザッカリンが移籍している。 ...
ツールステージ優勝したマッテオ・トレンティンが2020年にCCCチームに移籍
マッテオ・トレンティンは、Mitchelton-ScottからCCCチームに2020年移籍が決定。 トレンティンの契約期間は2年間。 ツール・ド・フランス第17ステージでの見事な逃げ切り勝利も記憶に新しい。 CCCチームの強化の目的は...
クライマーであるヤン・ヒルトがアスタナからCCCに移籍
ヤン・ヒルトは、2018年からアスタナで走っている。 ヒルクライムにとても強く、今年のツール・ド・スイスでは総合5位に入っている。 ジロ・デ・イタリア第16ステージでジュリオ・チッコーネと競い合って山岳を走っていたのは記録に新しい。おし...

まずは、来シーズンはコンチネンタルプロチームよりも勝利数を増やしてチームランキングを上げていくことが必要だろう。

まあ、これだけ補強すれば今年の倍は勝利数が増えるのではないかな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました