ロードバイクの情報を発信しています!

オランダのコンチネタルチームTeam Felt – Felbermayrに二人のプロライダーが移籍

海外情報
Photo credit: joménager on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

二人の元プロライダーが、コンチネルタルチームに移籍となった。

  • ハーマン・ベーンシュタイナー Bahrain Victorious
  • セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health

 

ハーマン・ベーンシュタイナーはBahrain Victoriousとの契約更新が得られなかった。セバスチャン・シェーンベルガーは、チームが消滅したために移籍先を探していた。

 

スポンサーリンク

ハーマン・ベーンシュタイナー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hermann Pernsteiner(@hermannpernsteiner)がシェアした投稿

 

ハーマン・ベーンシュタイナーは、6年間Bahrain Victoriousに在籍。2018年にマウンテンバイクの世界からロードレースへと27歳の時に転身している。

デビューシーズンはグラン・プレミオ・チッタ・ディ・ルガーノで優勝。2018年と2019年はブエルタ・ア・エスパーニャに出場。

2020年はジロ・デ・イタリアに出場。2020年のジロでは総合10位に入り、マドンナ・ディ・カンピーリオへの山岳ステージで2位に入っている。

ツアー・オブ・オーストリアとツアー・ダウンアンダーでもトップ10入賞を果たしており総合力もある選手だ。

近年は集団の前でチームを引っ張る姿が良く見られていた。168cmと小さな身体で大きな仕事をしてきた選手だ。

 

セバスチャン・シェーンベルガー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Schönberger Sebastian(@schonberger_sebastian)がシェアした投稿

 

セバスチャン・シェーンベルガーは、2018年からWilier Triestina-Selleでプロデビュー。

2020年から2年間はB&B Hotels – KTMで走っていた。だが、2022年でチームは消滅している。

2023年は、Human Powered Healthで走っていたけど、こちらもチーム消滅で移籍先探しをしていた。

 

セバスチャン・シェーンベルガーは、良く逃げに乗っており目立っていた選手。

29歳のオーストリア人は母国のチームで走ることになる。ただ、二人元コンチネルタルチームでは、UCIの1クラスまでが出場レースとなりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました