ロードバイクの情報を発信しています!

世界選手権タイムトライヤル王者のトビアス・ファスはJumbo-Vismaから移籍を示唆 その理由とは?

海外情報
Photo credit: Sum_of_Marc on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

トビアス・フォスは9月末のウロンゴンで世界選手権タイムトライアルでチャンピオンになり、敵味方を問わず驚かせたが、それまでは彼のシーズンは計画通りにはいかなかった。

だから、来季はこれまでとは違うアプローチで臨むことになる。ただ、インタビューの中では、Jumbo-Vismaには強いリーダーが多すぎることもあげている。

2023年シーズンで契約の切れるトビアス・フォスはグランドツアーを狙うならば移籍ということも考えているのかもしれない。

 

スポンサーリンク

チーム内のリーダー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tobias Svendsen Foss(@tobiassvendsenfoss)がシェアした投稿

 

トビアス・フォスは、2020年ノルウェーのコンチネンタルチームUno-X Norwegian Development TeamからTeam Jumbo-Vismaと契約してプロデビューしている。

2021ジロ・デ・イタリアでは総合9位と力を見せていた。だが、その後トラックレースで頭部外傷を負ってしまい力を出し切れないままに終わっている。

Jumbo-Vismaには、プリモッシュ・ログリッチ、ヨナス・ヴィンゲゴー。ウイルコ・ケルデルマンも帰ってくる。さらに、ワウト・ファンアールトやステファン・クライスヴァイクもおり、短いステージレースでもエースとなるのは一苦労だ。

 

トビアス・フォスはインタビューの中で

「私たちは、一度に少し多くを望みすぎていたことに気づいたのだと思う。またゼロからスタートして、ステージレースをいくつか走り、自信をつけていくのがいいと思う。

グランドツアーは今でも私の絶対的な夢であり、それに向かって努力している。でも今は、個人タイムトライアルで短いステージレースを勝てる可能性の方が高い。

もし僕がグランツールのクラスリーダーとしてのキャリアを追求したいのであれば、ツールやジロに行って、そこで自分の可能性のために走ることは難しいということを理解しなければならない。

チームには、他にもたくさんの良いリーダーがいるからだ。」

 

Jumbo-Vismaは、トム・デュムランが引退したが、それでも多くのリーダーがいる。トビアス・フォスがグランドツアーでの活躍を望むならば、2024年は違うチームで走っている可能性も高い。

まず、2023年のグランドツアーのメンバーも振り分けも見てみないとわからないけど、アシストとして参加ならば本人も気持ちが他チームに向かうと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました