ロードバイクの情報を発信しています!

ギヨーム・ファンケイルスブルクが13年のキャリアに終止符を打つ

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

2024年にギヨーム・ファンケイルスブルクが自転車競技のプロトンに戻ってくることはない。

32歳という若さで、レースバイクを吊るすことを決めた。2011年に当時のQuick-Step cycling Teamでプロに。

当時は、西フラマンのロードマンとして、トム・ボーネンの再来とまで言われた選手だった。

 

スポンサーリンク

バイクをフックに吊るす

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Guillaume Van Keirsbulck(@gvk007)がシェアした投稿

 

2010年にQuickstep – Innergeticのtrainee(研修生)として採用。プロ初勝利は2011オムループ・ファン・ヘット・ハウトランド。

2017年にWanty – Groupe Gobertに移籍。2年滞在してCCC Teamに移籍。だが、チームは消滅してしまう。

 

Alpecin-Fenixに拾われて、2022年シーズンを走る。2023年はBingoal  WBで走っていた。キャリアでの勝利は6勝。

 

ギヨーム・ファンケイルスブルクのコメント

2023年、なんという年だろう!13年間のプロサイクリスト生活に終止符が打たれる。私自身の選択ではないが、これまでの年月に感謝している。

素晴らしいキャリアを歩んできたが、少なくとも35歳まではレースに出たいと思っていたので、やはり難しい。

応援してくれたファンの皆さん、チャンスを与えてくれたチームやスタッフ、チームワーク、そして一緒に世界を見てきたチームメイトに感謝しています。複雑な気持ちで2023年を終えますが、未来を信じている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました