ロードバイクの情報を発信しています!

ローハン・デニスが妻を殺害した罪で逮捕され起訴される

海外情報
Photo credit: StateofIsrael on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

なんとも衝撃的なニュースが。

Jumbo-Vismaを退団したローハン・デニスが、妻のメリッサ・デニス(旧姓メリッサ・ホスキンス)を死に追いやった容疑で逮捕・起訴されたと報じている。

何があったのか、本当なんだろうか?

 

スポンサーリンク

逮捕され起訴

 

ローハン・デニスの妻のメリッサ・デニス(32歳)は、12月30日土曜日の午後8時過ぎ、自宅から数メートル離れた場所でピックアップ・トラックにはねられた。

その後、重体でロイヤル・アデレード病院に搬送されたが、そこで息を引き取っている。

オーストラリア警察は声明で、女性が死亡したことを確認した。

オーストラリアのメディアによると、デニスはピックアップ・トラックのハンドルを握っていたとされ、その後逮捕され、「危険運転致死、不注意/正確運転、人命危険」の罪で起訴されている。

デニスは保釈されたが、3月13日に出廷する予定。

事件の詳細については良くわからない。けれど、故意によるものではないと思うけれど、どうなんだろうか。今後詳細が分かってくるでしょうけど、二人の子供がおり将来が心配される。

 

元世界チャンピオンのメリッサ・デニス

 

惜しまれるメリッサ・デニスも元自転車選手だった。彼女はトラックで大成功を収めた。

2015年にはチーム・パシュートで世界チャンピオンに輝く。この種目では何度もオーストラリアチャンピオンになっている。

彼女はロードサイクリストとしても活躍した。2011年にはベルギーのロット・ホンダチームで1年間走り、その後オーストラリアのサイクリングチーム、Orica – AISでも4シーズンを過ごした。

2017年5月、プロサイクリング選手からの引退を発表し、その1年後にローハン・デニスと結婚。2人の間には2人の子供がいた。

ローハン・デニスがBahrain Victoriousを退団する騒動があった時には、夫を支えて世界選手権タイムトライヤル勝利を献身的にアシストしていた。

ローハン・デニスは、強迫性障害、摂食障害の問題を抱えていたこともある。これが、衝動的に事故を起こした原因なのかはわからない。

Instagramでは、ローハン・デニスは家族との楽しそうな写真を数多く投稿している。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました