ロードバイクの情報を発信しています!

タディ・ポガチャルはトム・デュムランの疑問について答える

海外情報
Image by Dean Moriarty from Pixabay
この記事は約5分で読めます。

タディ・ポガチャルは2021年シーズンにツールとブエルタを組み褪せてダブルツールに挑むことを発表している。

タディ・ポガチャルは、昨年のツール・ド・フランス第20ステージの個人タイムトライヤルで驚異的なタイムをたたき出し、見事にプリモシュ・ログリッチを逆転した。

2位のトム・デュムランに対して1分21秒、ログリッチに対しては1分56秒も引き離している。

この時、2位になったトム・デュムランが何故1分以上ポガチャルが速く走れたのかわからないと発言している。

この疑問に、タディ・ポガチャルは答えているので見てみよう。

 

スポンサーリンク

自分を維持する

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tadej Pogačar(@tadejpogacar)がシェアした投稿

 

あなたはいつも言っていた、名声はあなたを変えない。私たちが知っている地面に足を置いている男のままであること、しかし、あなたの周りに展開されるすべてのメディアの注目の中で、どうやって自分を保っているのですか?

ツールで優勝した後、道端で誰かに写真を撮ろうと止められ、スポンサーとの義務が増え、マスコミからの依頼も多くなったが、あまりストレスを感じないようにしている。以前と同じように、いつも持っていた自分の人生を守ろうとしている。

大げさな買い物はしていないし、ガールフレンドとシェアしている小さなアパートに住み続けているし、同じ情熱を持って仕事をしている。

友人には素敵な時計をプレゼントしたし、外食も何度かご馳走になったし、それ以上のことは何もしていない。22歳だから、もう何もいらない。

 

あなたは、エガン・ベルナルのように、一年後に星からぼろきれに行くのを恐れていますか?

そう、それが唯一の恐怖です。私が恐れているのは、あるシーズンから次のシーズンへと上達しなかったり、不運に走ってしまったりすること。

身体的な問題は誰にでも起こる可能性があるが、それに必要なのは1つの愚かな落下や事故であり、人生と同じようにサイクリングでも同じだ。

予見できないことや予防できないことを心配しても無駄なので、目標に集中し、成長し続けるためのカードはすべて持っていると確信している。

 

トップに到達した後の多くのチャンピオンは、トップに留まるために必要な動機を見つけるのに苦労しています。あなたは精神的な準備をしていますか?   それとも勝利への「飢え」を養うために他の手段を採用しましたか?

私はその必要性を感じていません。自分を繰り返すのは初めて勝つよりもはるかに難しいことは承知しているが、タイトルを守るために最善を尽くしている。

チームのサポートを得て、運が良ければ何も恐れることはありません。

個人的には、以前よりもモチベーションが上がっています。2020年に管理したよりもさらに上手くできることを示したい。

 

デュムランの疑問に答える

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UAE Team Emirates🇦🇪(@uae_team_emirates)がシェアした投稿

 

オランダのTV NOSが作成したドキュメンタリーで、ツールの個人タイムトライアルについて、トム・デュムランが非難したことを聞いたことがあるでしょう。それに答えますか?

これらはツールの敗北直後の戦いの真っ只中の声明だった。それから彼らが失望を話していた。私はそれを真剣に受け止めていません。

タイムトライアルについても特別なことや信じられないことは何もない。私はよく準備し、チームと何度もコースを探索し、バイク交換の練習をした。

チームは途中で車から完璧に私を導き、素晴らしい一日を過ごした。これらすべてが一緒になって確実になったた。最高の結果を得るために。

 

2021年のツールルートについてどう思いますか?

予定されている2つのフラットタイムトライアルは私にとって理想的ではありません。1つは3週間の非常に早い段階で行われ、レースの進行を左右する可能性がある。

タイムトライアルのポジションを改善し、時計に対する具体的なトレーニングもプログラムの一部になった。僕はディフェンディングチャンピオンだけど、勝利の候補者はたくさんいる。

 

でもツールだけじゃないので、他に話してみませんか?

はい、喜んで。過去は重要であり、私はそれをしっかりと保ちますが、性格上、私は後ろではなく前を向いている人なんだ。

何が言いたいのかというと、起こってしまったことは、変えることはできないということ。

すでに新シーズンのスタートに向けて集中しているので、1レース1レースを大切にしていきたいと思っている。世界で一番大きなレースで優勝できたことは間違いなくホッとしている。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました