ロードバイクの情報を発信しています!

ワールドツアーチームが2027年まで達成しないとライセンスが得られなくなるものとは?

海外情報
UnsplashAndrew Dawesが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

ワールドツアーチームは、スポンサーの確保と共に更に厳しい問題を課せられそうだ。

達成しないと2027年以降のワールドツアーライセンスが得られないというのだから大変だ。

その達成目標とは?

 

スポンサーリンク

削減率50%

 

UCI会長ダヴィド・ラパルティアン(David Lappartient)は、cyclingweeklyの独占取材に次ぎのように答えている。

 

「2030年にはカーボンニュートラルが義務化され、2027年には2019年比で排出量を50%削減することを目標とする。2027年以降は、ワールドツアーライセンスを取得することさえ義務化される。

2027年までに50%削減し、2030年までにゼロにしなければならない。これは独立した専門家によって認定される。

我々は同じビジョンを共有したい。だから、前回のワールドツアーセミナーでは、排出量削減についてみんなに理解してもらうために、このことについてプレゼンテーションを行ったんだ。

いいかい、これは好むと好まざるとにかかわらず、参加しなければならないことなんだ。

植林は、避けることができないもののために行うものだ。まずは減らすことだ。私たちは植林による補償だけを望んでいるのではない。」

 

現在、男子ワールドツアーには18チーム、女子ワールドツアーには15チームが参戦しており、さらに数チームが上位を争っている。

男女ともに、3年間の成績に基づいた昇格降格システムが採用されているが、財政的、道徳的、倫理的な基準を満たしたチームにのみライセンスが与えられる。

ただ、50%削減と言われても簡単でないことは誰でもわかる。移動のためにガソリン車を利用するし、海外に行くのに飛行機に乗らない訳にはいかない。

UCIが各チームに対策を促すのは

  • 電気自動車、電気バス
  • チーム本部へのソーラーパネル設置

 

スポンサーを探すのに四苦八苦している状態で、こんな資金を余分に出せるチームは少ない。UCIが目指すべきクリーンな態勢は十分に理解できるが、50%削減は難しいかもしれない。

ワールドツアーチームは、UCIポイントの獲得と共に、厳しい課題をクリアーしないといけなくなる。

すでに、Soudal – Quick Stepはカーボンニュートラルに2020年から取り組んでいる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました