ロードバイクの情報を発信しています!

パスカル・アンカーマンようやくステージ勝利

海外情報
Photo TourofGuangxi twitter
この記事は約4分で読めます。

中国で行われている、ツアー・オブ・グアンシー。

第3ステージでようやくパスカル・アンカーマンが綺麗にスプリント勝利を飾った。

前日のステージでは、若手に邪魔されて勝利を逃していただけに、ようやく勝てたという感じだ。

 

 

下は、第3ステージのストリーミング画像。このVelon CCのアカウントをチェックしておけば、第4ステージも全てストリーミングで見れるはずです。

 

スポンサーリンク

周回コースを3周 143km

第3ステージ

https://www.procyclingstats.com/race/tour-of-guangxi/2019/stage-3/today/profiles

中国、南寧市の市街地を周回する144kmのコース。

登坂距離1.6km、平均勾配5.7%の丘が組み込まれているが距離が短いのでスプリンターも残れるコースだ。

ストリーミングでみていると、またも近代的な高層ビルが見える場所でのレースで、道路状況もとても良い。

 

ただ、パスカル・アンカーマンも言っていたが、最後のゴールも4車線目いっぱいに広がったりするコースが多く、ゴール前に絞れないので逆に難しいとコメントしている。

 

今回抜け出したのは3人。

 

  1. ブライアン・ファンフーテム( Lotto Soudal)
  2. ニコラス・ドラミニ(Team Dimension Data)
  3. ジャコポ・モスカ(Trek – Segafredo )

この3人、あまり抵抗することなく2つ目のスプリントポイントを前に一気に集団に飲み込まれてしまう。

ゴール手前5.5kmの登坂で集団は49人に絞られる。ゴール手前2キロでは、ビクトール・カンペナールツやレミュ・カヴァニャが抜けだしをはかろうとするが不発。

最後は、アレックス・エドモンドソン(Mitchelton-Scott)が先頭でマッティオ・トレンティンを引っ張りエースをリリース。

 

だが、右側からパスカル・アンカーマンがスプリントを開始して圧巻のスプリント勝利を飾った。

まあ、スプリントの伸びが違いますね。

これでパスカル・アンカーマンは、シーズン12勝目。シーズン終盤だけで、3勝をあげており、世界選手権をDNFした以外は、9レースで全て1位か2位という成績。

 

パスカル・アンカーマン
9月からの成績
  • Brussels Cycling Classic (1.HC)  2位
  • GP de Fourmies / La Voix du Nord (1.HC) 優勝
  • Primus Classic (1.HC)  2位
  • Gooikse Pijl (1.1) 優勝
  • World Championships – Road Race (WC) DNF
  • Sparkassen Münsterland Giro (1.HC) 2位
  • Gree-Tour of Guangxi (2.UWT) Stage 1 2位
  • Gree-Tour of Guangxi (2.UWT) Stage 2 2位
  • Gree-Tour of Guangxi (2.UWT) Stage 3 優勝

 

逆に、マッティオ・トレンティン(Mitchelton-Scott)は第1ステージからずっと連続して3位。

クイーンステージでそろそろ勝利が欲しいところかな。

 

こちらは、第3ステージのハイライト

Tour of Guangxi 2019: Stage three highlights

コメント

タイトルとURLをコピーしました