ロードバイクの情報を発信しています!

ブエルタ第9ステージでエステバン・チャベスは自転車交換で大変なことに?

海外情報
Photo giroditalia twitter
この記事は約3分で読めます。

ミッチェルトン・スコットのエステバン・チャベスは、ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージでマシントラブル。

自転車交換でまたまたトラブルが起こり、総合での順位を大きく落としてしまった。

エステバン・チャベスは、何故自転車交換によって困ってしまったのか?

 

スポンサーリンク

足の長さがねえ~

ミッチェルトン・スコットは今回サイモン・イエーツもアダム・イエーツも出ていないのでエステバン・チャベスがエース。

エステバン・チャベスは、前日のステージまで総合10位につけてきた。サイモン兄弟がいない中でエースとしてまずまずの成績。

エステバン・チャベスにマシントラブルが襲ったのは、超級山岳ラ・ガリーナ峠(登坂距離12.2km・平均勾配8.3%)の途中。

コースの中間地点にある2つ目の山岳ポイントの前。

マシントラブルで走れなくなったエステバン・チャベスは近くにいたチームメイトのダミアン・ホーゾンの自転車を借りた。

そこまでは良かったのだけれども、なんと二人の身長差は

  • エステバン・チャベス 164cm  54kg
  • ダミアン・ホーゾン   188cm  68kg

お分かりですね、あまりも身長差がありすぎる!

 

サイズは、違うはギアは重いままで走れてないですねえ~
それと、ビデオは延々と次に続くのでストップしてくださいね。

 

その後は、またチームメイトのツカブ・グルマイの自転車にチェンジ。

でも、ツカブ・グルマイも身長は175cmあるので、これまたサドル高さが違いますね。

結局、サボートカーのバイクに交換するまで、超級山岳の残りと下りでは高速で追跡することになってしまった。

  • ニック・シュルツ
  • ツカブ・グルマイ
  • ダミアン・ホーゾン

3人のチームメイトのアシストを受けて、なんとか最後の登りまでに先頭集団に追いつくことに成功。

 

「チームメイトは本当に速く走ってくれた。とてもつらい日だった。

ガリーナの登山でバイクを2回交換する必要があり困った。なんとか集団に戻ったけどエネルギーを使い過ぎていた」

と、チャベスは彼のチームのウェブサイトで語っている。

結局、ゴールは4分43秒遅れてしまい総合では14位に後退。

チームとしてはミケル・ニエベが総合12位にジャンプアップする結果となってしまった。

エステバン・チャベスの身長が低いので、近くに走っているチームメイトに同じくらいの身長の人がいない場合、また問題が起こるかもしれないですね。

サボートカーが中々上がってこれない状況だと仕方ないけれども不運でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました