ロードバイクの情報を発信しています!

トム・ボーネンのパリ~ルーベデビューと比較されるフロリアン・フェルメールシュ

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約5分で読めます。

2021パリ~ルーベのLotto Soudalのメンバーで注目されていたのは、2019年優勝のフィリップ・ジルベールと2015年優勝のジョン・デゲンコルプ。

だが、表彰台にたどりついたのは、プロ1年半のフロリアン・フェルメールシュだった。しかも、最初の逃げから入っており、途中ニルス・エークホフ(Team DSM)と二人で逃げている場面も。

ジャンニ・モスコンには、置いていかれたが、後ろからきたマチュー・ファンデルプールとソンニ・コルブレッリと再びトリオとなって追走。

ルーベ競技場に入る前にも、アタックをかけて二人を出し抜こうと攻撃を続けた。フロリアン・フェルメールシュは22歳。

ロクリスティ市議会のOpen Vldのメンバーでもある。

今回がパリ~ルーベのデビュー戦だったが、最初から最後まで攻撃し続ける彼は、トム・ボーネンのパリ~ルーベデビューとも比較されるほどだ。

 

スポンサーリンク

攻撃を続けることの大切さ

 

フロリアン、レースの様子を教えて下さい。

チームが早い逃げでうまく表現されることも私たちの目標だった。少なくとも、グループが十分に大きければ成功する。私たちは3人メンバーを送り込んだ。

しかし、最初の石畳のセクションに向けて、すぐにポジショニングの戦いとなる。私はしっかりと持ちこたえて、4番目の石畳のセクションで最初の選択が行われた。

しかし、突然、私はニルス・エークホフと一緒になった。驚いたことに、他の2人は姿を消していた。

その瞬間から私は考えた。続けてください。完全に燃え尽きるのではなく、運転を続けてください。

誰かが追いついて拾ってくれるかもしれない。モスコンが参加するようになったとき、それは残念だったけど。

そこで本当に困難な瞬間を過ごし、解放された。幸いなことに、マチュー・ファンデルプール、コルブレッリ、ボワヴァンが到着したとき、私はすぐに回復してそれを拾うことができた。

足は再び気分が良くなった。その後、モスコンを取り戻し、カルフール・ド・ラルブルを生き延びたとき、私は勝利のために乗っていることを知っていた。

しかし、最終段階では、すでにバンチスプリントを勝ち取った2人の偉大なチャンピオンとと一緒にいたので、攻撃に行くべきだと思った。

それを2回試したが、成功しなかった。次に、ベロドロームを全力疾走する。タイミングは良かったが、最後の50mでけいれんに苦しんだ。コルブレッリはそれを乗り越えた。

 

それらの2つの攻撃があなたの勝利を犠牲にしたと思いますか?

多分。いや、そうでないかもしれない。しかし、私はその選択を支持する。やり直さなければならなかったら、またやり直す。いいえ、後悔していない。

 

この成果に驚かされますか?

確かに、私の体格では、これは私の能力に最も適したコースだ。いつかここでステージに上がりたいと言っていた。デビューですぐに2位になるとは夢にも思わなかった。しかし、このトレイルは私のために作られました、はい。私は決して登山家にはなりません。

 

このウェットエディションでのシクロクロスライダーとしての経験は、あなたに多くのアドバンテージを与えたと思いますか?

シクロクロスは少し前のことですが、ほとんどグリップがない滑りやすいコンディションに慣れていた。

でも、乾いたパリ〜ルーベにも同じように乗りたい。私はここで最初から常にやる気がある。昨日と今朝の空から降った雨は、ただのモチベーションだった。

 

それでも…このパリ〜ルーベは心身ともにどれほど大変でしたか?

物理的に非常に重い。私の背中は非常に痛く、これから回復するのに数週間かかるのではないかと心配している。でも、それは大したことではない。

雨?ああ、それは考え方ですよね。それを受け入れる必要がある。そうすれば、それをはるかに簡単に処理できる。

 

ギルバートとデゲンコルブのチームには、この記念碑の2人の元勝者がいます。これに向けて、彼らは重要でしたか?

絶対!特に探索中に、私はたくさんのヒントを得た。たとえば、私が警戒しなければならなかったところ。しっかりと教え込まれた大きなヒントが1つあった。それは運転を続けることだ。

何が起こるかわからないから。彼らは正しかった。モスコンが追い払ったので私は通り過ぎなければならなかった。しかし、彼を取り戻した。ちなみに、ジョンとフィルと一緒にチームに乗ることができて光栄だ。勝利で、終わらせられなかったのは残念だ。

 

フロリアン・フェルメールシュは今、別のライダーになりますか?

私はそうならないことを望んでいる。私は攻撃的にレースをするのが好きな人で、そのように保つのが好きなんだ。

もちろん、この一年半の経験を一緒に持っていく。ちなみに、私が若い頃にこれを行うことを許可してくれたチームに感謝する。それはおそらく将来私に有利になるでしょう。

 

あなたの最初のパリ〜ルーベの2位、それは期待を生み出します。すぐに比較があります。たとえばトム・ボーネンと。怖くないですか?

いやいや。そして明確にするために、私はトム・ボーネンと自分自身を比較したくありませんし、比較しません。彼のパルマレを見たことがありますか?

私は自分の道に焦点を合わせている。私はこれに非常に満足しており、将来が何をもたらすかを見ていく。

 

最後の質問。ルーベの競輪場に入ると、22歳の少年は何をしましたか?

それは多くのアドレナリンを与えてくれる。実はもう途中だったが、ベルギーのファンが大声で応援してくれた。純粋なグースバンプ!ここベロドロームでも違いはありませんでした。

 

フロリアン・フェルメールシュが大きな勝利を得るのも時間の問題だ。来シーズンの活躍を期待せずにはいられない。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました