ロードバイクの情報を発信しています!

ファビオ・アルがタイムを失った理由とは?

海外情報
https://twitter.com/FabioAru1?lang=en
この記事は約3分で読めます。

狭窄腸骨動脈からの復活で、ツール・ド・フランスに出場出来るようになったファビオ・アル。

 

第3ステージで、多くの総合系の選手が集団でゴールする中、一人遅れてファビオ・アルが帰ってきた。

ファビオ・アルが遅れた理由とは?

 

スポンサーリンク

うしろから突っ込まれた

photo JEFF PACHOUD

イタリアのファビオ・アル(UAE-Team Emirates)は「本当にペダルを踏むことができなかった」と語っている。

なんで?

第3ステージでは、イエロージャージのマイク・テウニッセン(Jumbo-Visma)が不調により遅れていた。

その時に、ジョージ・ベネット(Team Jumbo-Visma)が、ファビオ・アルのリアディレイラーに突っ込んできたのだ。

ファビオ・アルのリアディレイラーは破損。走れる状態ではなくなった。

近くに、サポートカーがいなかったので、ファビオ・アルはMavicニュートラルサービスの自転車を利用した。

 

何故、Mavicのサービスカー使わなければならなかったのか?

なんと、イエロージャージのマイク・テウニッセン(Jumbo-Visma)が遅れた為に、サポートカーが渋滞していたのだ。

ファビオ・アルは

「Mavicバイクに飛び乗ったんだ。普通は、ルイ・コスタがほぼ同じフレームサイズに乗っているので、彼のバイクを使えるんだけど。

その時、ルイ・コスタはダン・マーティンの近くにいたんだ」

 

Mavicのバイクは、その特有の黄色いバイクで、今年はキャニオンフレーム。 アルは飛び乗ったが、2キロしか走れなかった。

なんで、2キロ??
 

photo JEFF PACHOUD

ファビオ・アルの身長は183cm。68kg。

なのに~。

なんと、サドルが高すぎた!

写真を見てもわかるように、ファビオ・アルはずっとダンシングのみ(^^;

 

「あのバイク! イエロージャージが遅れてチームカーを妨害していたんだ。

しかし、サドルは高すぎた。本当にペダルを踏むことができなかった!

低いサドルなら走り続けることは出来るけど、高すぎると走れない」

 

その後、ファビオ・アルはチームカーのコルナゴに乗ってゴール。

トップのジュリアン・アラフィリップからは1分22秒でゴール。

183cmのファビオ・アルがサドルが高すぎるって、どんなセッティングなんだか(^^;

ファビオ・アルは、とんだ災難でした。

 

UAE-Team Emiratesはダン・マーティンとルイ・コスタがトップから1分28秒遅れで走っている。ファビォ・アルは2分19秒遅れ。

ファビオ・アルは、二人を助けるアシストとして走るようになるでしょうね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました