ロードバイクの情報を発信しています!

2023 クリテリウム・デュ・ドーフィネ第1ステージ  INEOS Grenadiersのイーサン・ヘイターは骨折に

海外情報
Unsplashcamilo jimenezが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

クリテリウム・デュ・ドーフィネ第1ステージで、2度の落車でリタイヤしたINEOS Grenadiersのイーサン・ヘイター。

初日にリタイヤとはついていない。その後、病院で骨折が判明している。

 

スポンサーリンク

イーサン・ヘイター INEOS Grenadiers

 

INEOS Grenadiersの医療アップデートでは

地元の病院で診察を受けたところ、左鎖骨骨折と診断されました。また、左腰、左膝、肘に交通事故跡があり、額の衝撃で軽い縫合も必要でした。

 

かなりの被害で、鎖骨は手術となるのか、保存療法となるのかはわからない。

今年の世界選手権は英国のグラスゴーで行われる。英国のイーサン・ヘイターとしては、個人タイムトライヤルに焦点を追いていただろうけれども、果たして間に合うのか。

残念なリタイヤだ。

 

アントワン・トールク Trek-Segafredo

 

Trek-Segafredoのアントワン・トールクもリタイヤしている。こちらは落車ではなくて、膝の痛みの再発だ。

アントワン・トールクはツイートで

さて、私のドーフィネ😤はこれくらいにしておきます。レース序盤に膝の痛みが再発し、すぐに悪化して、ペダルを踏むたびに膝にナイフが刺さるような感覚になった。

最近はきちんと治療しているにもかかわらず、再発を繰り返しています😓。

 

アントワン・トールクは、UAEツアーの落車で膝を負傷。膝の腱炎も発症してしまった。

その後、彼は3か月以上走ってなかったのでけど、4か月振りのレースでも膝の痛みが出てしまうとは~。

しかも完走できないほどなのだから、相当ひどい状態のようだ。

 

なお、 クリテリウム・デュ・ドーフィネ第1ステージでは、Intermarché – Circus – Wantyのユーゴ・パージも落車でリタイヤしている。こちらの負傷の程度については情報がない。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました