ロードバイクの情報を発信しています!

Eliteから100%生分解性なElite Jetボトル登場 コーンベースのプラ使用で土にかえる

機材情報
Photo elite_cycling instagram
この記事は約3分で読めます。

Eliteのボトルと言えば、軽くて使いやすいので多くのプロチームも使っているボトル。

Elite Jetボトルは、既存の超軽量な FLY TEAMSボトルをベースにして、より頑丈な構造と、完全に生分解性の新しいコーンベースのプラスチックを使用して作られている。

プラスチックの環境問題に企業として取り組んでいるのは素晴らしいですね。

 

スポンサーリンク

Elite Jet生分解性ウォーターボトル

https://www.elite-it.com/en/products/water-bottles/racing

Photo elite-it.com

Eliteの新しいJetボトルは、FLY TEAMSボトルと同じように、高流量給水バルブを使用しているので少ない力で沢山の水を飲むことが可能。

ボトルの厚さはわずかに厚く頑丈となっている。これによりFLY TEAMSボトルに比べて、手に馴染みがある。

また、ボトルは100%生分解性となっている。エリートは、ボトルの材料を正確に開示していないが、コーンベースであると言われているため、PLAプラスチックであると想定される。

PLAプラスチックは、埋められたり高温にさらされたりすると比較的急速に劣化するが、通常の屋外条件では劣化が遅い。

 

100%生分解性とは

生分解とは、物質が土や川などの自然に排出されて、それが微生物などによって分解されて無機物へ分解されることを言う。生分解性が高ければ、それだけ環境への負荷も低くなる。

 

Photo elite-it.com

FLY TEAMSから引き継がれるもう1つの興味深いデザイン機能は、ブローオフバルブ。

ボトルのキャップ全体がひっくり返ると膨らむように設計されているため、ボトルをより簡単に圧縮することが出来る。

これにより、ボトルがレースで落とされた場合にクラッシュする可能性が少し減ってくれる。レースでボルトを落として後ろのライダーがこけることも良くありますからね。

ボトルは食器洗い機対応で、BPAは含まれていない。

価格は、£4.99(約700円)。まだ公式サイトには掲載されていないが、多くのサポートプロチームのデザインで販売されるそうだ。

つまり、今度から草むらに向かって投げても、長い年月が経てば土に帰ってくれるはず。

でも、今はボトルを人のいない所になげたら罰金なのでしないでしょうけど。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました