ロードバイクの情報を発信しています!

Selle Repenteから軽量Latus Mカーボンロードサドル登場

https://www.sellerepente.com/機材情報
Photo sellerepente.com
この記事は約3分で読めます。

Selle Repenteは、新しいカーボンサドルであるLatus Mを発表した。

ベースとレールに完全なUDカーボン構造を採用し、140グラムと軽量。Latus Mは、幅が広すぎない形状となっている。

 

スポンサーリンク

Selle Repente Latus M

Photo sellerepente.com

Selle Repenteはイタリアのサドル会社だけど、Selle Italiaとは違う会社。

最近のユーザーは、複数の幅のオプションを希望しており、142mm幅のLatus Mは152mm幅のLatus CLよりも幅が狭いサドルとして追加された。

様々な幅のサドルが選択出来ることはユーザーにとっては嬉しい配慮だ。

Latus Mのサドルの長さは240mmに達しているがUCI制限内には収まっている。

 

Photo sellerepente.com

ベースとレールは、T700 UDカーボンファイバーで作られている。パディングは、水性のマイクロファイバー/ PUコーティングが施された軽量のEVAフォーム。

 

Photo sellerepente instagram

新しいLatus Mは、Selle RepenteのスポンサーライダーであるTeam Caja Rural–Rga、およびエリートレディースチームCeratizit WntとBepinkがすでにレースで使用している。

 

Photo sellerepente.com

Latus Mの価格は218ユーロ(約2万6千円)。

Selle Repenteのサドルはamazonでも売られているので、そのうちに手に入れることが出来るでしょうね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました