ロードバイクの情報を発信しています!

EF Education-EasyPostに留目夕陽が加わった! 日本人のワールドチーム入りだ!

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

素晴らしいニュース!

2023年、EF Education-NIPPO Development Teamで走っていた留目夕陽がワールドチーム入りだ。

EF Education-EasyPostのGMジョナサン・ヴォーターズによると、留目夕陽との契約によって、チームの2024年のロースターが完成した。

EF Education-EasyPostは27人で2024年シーズンを戦う。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

留目夕陽は、高校と大学のチームでレースをした後、2022年6月からEF Education-NIPPO Development Teamに加入していた。

2022日本選手権U23タイムトライアルチャンピオンとなり、2022ツール・ド・北海道で山岳ジャージを獲得。今年はツール・ド・ラヴニールへの出場が認められ、総合24位でフィニッシュしている。

それにしても、日本人のワールドチーム入りというのは本当に嬉しいニュース。21歳と若いし、更に強くなるとグランドツアーなどでも姿が見られるかもしれない。楽しみですね。

 

留目夕陽のコメント

僕はクライマーだと思う。自分を最大限に追い込むのが好きなんだ。ツール・ド・フランスを初めて見たのは高校3年生のときだった。すごくクールだと思ったんだ!

家族は、私がEF Education-EasyPostに移籍するというニュースを聞いて非常に感動している。

サイクリングのキャリアを始めたときから、家族のサポートを頼りにしていた。夢は本当に叶うのです!

このような素晴らしいチームでプレーできてとてもうれしいです。ワールドツアーレベルで成功するのは難しいことは分かっていますが、最善を尽くします。

 

以下は、留目夕陽のYouTube動画チャンネル いずれ本人からチーム入りの報告動画があがるのでは
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました