ロードバイクの情報を発信しています!

ヨナス・ヴィンゲゴーは、ドーピング検査を逃したことを後悔 あと2回で失格に

海外情報
Gerd AltmannによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。

ヨナス・ヴィンゲゴーは、1回だけドーピング検査を逃したことがある。

プロサイクリストは1年中毎日、居場所を申告しなければならない。これに対して検査官が自宅やキャンプ地にくるのだ。

ヨナス・ヴィンゲゴーは、「2度とドーピング検査を逃さない」と誓っている。

 

スポンサーリンク

検査が受けれなかった理由とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tour de France™(@letourdefrance)がシェアした投稿

 

ドーピング検査を受けれなかったことがあったと聞いてますが。

携帯電話を台所に忘れてしまい、呼び鈴が鳴らなかったんだ。その後、彼らは私に電話をかけようとしたが、電話に出ることが不可能なのは明らかだ。

 

そのときどう思いましたか?

もちろん、かっこ悪いと思ったよ。でも、2日後に彼らが来た。そこで検査を受けることになるんだけど、もちろん、検査を受けられなかったことが自分の上にのしかかるのはいいことじゃない。

二度と同じことが起きないように、その後に考えることは確かにある。

 

その後、気を付けていることは?

毎日自分の位置情報をアプリに入力しないといけないんだ。自宅にいるから、しばしば07:00-08:00の時間帯を選択する。

そんなに難しいことだとは思わない。常に覚えておく必要がある。家にいるときは、それほど面倒じゃない。

 

検査を受けることについては。

常にテストされるのはいいことだ。ある意味、助けになる。検査はすべて陰性だけど、20年前は彼らも検査を受けていたのだから、ある意味空虚なものだ。

だから、昔のように 「僕が一番検査を受けているライダーだ 」とは言いたくないんだ。私は陽性反応は出さない。あの頃、彼らは何かしていた。

そして、人々は間違いなく、ライダーがまたそれをすると信じるだろう。僕は何も取らないし、プロトンの他の選手も取らないと思う。

 

何回くらい検査をうけている?

優勝してリーダージャージを手にするたびにテストを受ける。60~70回だと思う。尿検査だけのこともある。血液検査のときもあるし、両方のときもある。ちょっとずつ違うんだ。

 

ミヘル・ヘスマンがアンチ・ドーピング禁止処分を受けてますが、これについては?

どうやって体内に入ったのかはわからない。しかし、すべてのサイクリストが最も恐れているのは、食べ物や何かから摂取してしまうことだと思う。

20~30年前に起こったことに私たちが苦しんでいるのは残念なことだと思う。隠したいとは思わないが、起きてしまったことだからこそ、やはり過去について語ることは重要だと思う。

僕が何も取らずにツール・ド・フランスで2回勝てるんだから、他のみんなも何も取らないと信じているよ。

 

ドーピング検査を1年に3回受けないと出場停止処分となる。例えば、スウェーデンのテニス選手ミカエル・イメールは、1年間に3回のテストに欠席し、1年半の出場停止処分を受けた。

2023年はもう終わるので、出場停止となることはないけど、気を付けないといけない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました