ロードバイクの情報を発信しています!

Bianchiから見た目も美しい軽量グラベルバイクBianchi Impulso RC

機材情報
Photo credit: Bob Mical on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

Bianchiは、同社初のエアロダイナミクス最適化グラベルレースバイク、Impulso RCを発表した。

Impulso RCフレームセットは、Bianchiエアロ&クライミングバイク、F1にインスパイアされたOltre RCと最近アップデートされたSpecialissima RCの開発で学んだエアロダイナミクスの教訓を活かしている。

そのため、切り詰められたエアロフォイル・チューブ形状のカーボン・フレームセットと、完全に統合された新しいグラベル・コックピット(Reparto Corse AeroFlare)が特徴となっている。

 

スポンサーリンク

Bianchi Impulso RC

こちらはプロモーションビデオ

 

Impulso RCの名前にある「RC」はレパルト・コルセ(Reparto Corse)の略で、Bianchiのレーシング部門が開発したことを意味している。

Impulso RC は、完全に統合されたステルスフロントエンドから始まり、ケーブルは全く見えない。

 

Reparto Corse AeroFlareコックピットはカーボンファイバーで作られており、空力的に最適化されたステムとトップセクション、および 16 度広がるドロップが特徴。

フォークのクラウン形状はダウンチューブに統合されており、フレーム全体に空気をスムーズに移動させる形状になっている。

 

最大700×42のタイヤクリアランスを装備。ジオメトリは、ロードバイクよりも、わずかに短いステムを備えた XC マウンテン バイクからインスピレーションを得ているが、リーチは長くなる。

BBドロップは70mmで、ライダーの位置を低く保ち、よりシャープなハンドリングを実現。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bianchi(@bianchibicycles)がシェアした投稿

 

Bianchiは、フレームセットを補完するために、特にグラベルレース用に最適化された新しい空力カーボンホイールセットも開発している。

Reparto Corse 43 Ceramitechホイールセットは、Impulso RC およびエリートグラベルレースの過酷さのために特別に設計されている。

名前が示すように、このホイールセットは深さ43mmのチューブレス対応カーボンリムを備えており、空力性能、軽量、ハンドリングの安定性のバランスを考慮して設計されている。

リム外部幅32mmとリム内部幅 25mmで、幅広のグラベル タイヤに最適化されている。 ハブはBianchi独自のもので、ハイエンドセラミックベアリングを備えていると言われている。ホイールセットの重量は1,570g。

 

Bianchi Impulso RC spec

Bianchi Impulso RCシリーズは3つの完成車が用意されている。最上位モデルは Impulso RC。ProおよびCompの3種類。以下はRCのスペック。

  • レームセット : Bianchi Impulso RC
  • ドライブトレイン :  SRAM Force AXS (2×12スピード)
  • ホイールセット :  Reparto Corse 43 Ceramitech
  • タイヤ : Pirelli Cinturato Gravel RC、700 x 40c
  • シートポスト : Bianchi Custom D-Shape (カーボン)
  • ハンドルバー : Reparto Corse AeroFlare
  • サドル : Bianchi RC139 カーボン
  • 公称重量: 8.1kg
  • 価格 : €5,578 (約90万円)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました