ロードバイクの情報を発信しています!

コフィデスのアントニー・ペレスを襲った2重の悲劇 落車の原因とは?

海外情報
Photo by Milada Vigerova on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・フランス第3ステージは、逃げがあっさりと決まり静かなステージとなった。

だが、逃げている3人の中では山岳賞争いの熱い戦いが繰り広げられる。二人のフランス人による争い。

だが、その後アントニー・ペレスを悲劇が襲ってしまう。

 

スポンサーリンク

アントニー・ペレスの落車原因

cycling today vtrより

2つの山岳ポイントを2回とも1位通過したアントニー・ペレスは、この時点で山岳賞ポイント1位。

ライバルのブノア・コズネフロワ(AG2R La Mondiale)を上回る。

 

cycling today vtrより

その後、二人はジェローム・クザン(Total Direct Energie)を見送った。今後の山岳賞争いで無駄な力を使わないためだ。

次の山岳ポイントまで力を貯めておこうという作戦だ。

問題はその後。

3級山岳レーク峠の下りでアントニー・ペレスはパンク。当然、集団に追いつくために加速するアントニー・ペレス。

 

だが、前を行くチームカーが不用意なブレーキをかけアントニー・ペレスは激突。

 

避けようがない。病院での検査後、ペレスは肋骨骨折、肺挫傷と虚脱肺と診断。さらに背中と左膝も打撲している。

6週間の離脱となる。こんな理不尽な落車原因は不幸としかいいようがない。

 

ライバルだった、ブノア・コズネフロワは

戦いが続いていれば良かったのにとコメントしている。

二人のフランス人による山岳賞争いはここで幕を下ろしてしまう。山岳賞争いのポイントは超級山岳などがポイントが多くなっている。

あまり、コツコツと4級や3級のポイントを集めても山岳賞は取れないのだけど。

 

カテゴリー山岳のポイント配分
ラ・ロズ峠40pts, 30pts, 24pts, 20pts, 16pts, 12pts, 8pts, 4pts
超級山岳20pts, 15pts, 12pts, 10pts, 8pts, 6pts, 4pts, 2pts
1級山岳10pts, 8pts, 6pts, 4pts, 2pts, 1pt
2級山岳5pts, 3pts, 2pts, 1pt
3級山岳2pts, 1pt
4級山岳1pt
 

アントニー・ペレスは山岳賞を手放すことと、リタイヤという2重の悲劇を味わうことになってしまった。

しかも、チームカーに衝突とは悔やんでも悔やみきれないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました