ロードバイクの情報を発信しています!

スコットランドの首都でカーフリーデー、大気汚染を減らす計画の一部です

https://www.cyclingweekly.com/news/latest-news/traffic-free-days-begun-edinburgh-city-centre-422408 海外情報

スコットランドの首都では、毎月1日の金曜日に18か月間のカーフリーデーを実施しています。

スコットランドの首都が英国で最初のグローバル都市となったため、エディンバラの街は自転車や徒歩で埋め尽くされました。

ユネスコの世界遺産に登録されている市内の旧市街は自動車に近く、人々は歴史的中心部の他の道路の中でも交通のない以下の

  • キャノンゲートブックス(Canongate)
  • コックバーン・ストリート(Cockburn Street)
  • ビクトリア・ストリート(Victoria Street)

の街々を楽しむことができました。

 

エジンバラ市議会の交通環境委員会が2月に開会式を開催し、18か月のOpen Streetsイニシアチブを開催しました。

 

市の交通環境会議の議長であるレスリー・マシネス議員は、次のように述べています。

「エディンバラが近いうちにオープンストリートの恩恵を受けるために世界中の都市に加わることを嬉しく思います。

私たちは、活発な旅行を奨励し、大気汚染を改善し、より安全でリラックスした雰囲気を作り出すことで、同様のスキームが国際的に成功していることを証明しました。

気候変動は社会への本当の脅威です。私たちが行動しなければならないことは明らかです。そして、Open Streetsは間違いなく正しい方向への一歩です」

と彼女は付け加えました。

 

https://road.cc/content/news/260212-edinburgh-hosts-its-first-car-free-day

 

Sustrans Scotlandの副ディレクターであるGrace Martinは、次のように述べています。

「Open Streets計画は、人々を第一にする都市としてEdinburghを紹介しています。 ウォーキング、ホイール、サイクリング、リラックス、そしてつながりを問わず、街の中心部をよりアクセスしやすくするために役立ちます。

私たちの都市環境における自動車の優位性が大気汚染の主な原因であることは明らかです。

汚染が法定限度を超える地域では、有害な亜酸化窒素ガスの80%が輸送から来ています。

道路を交通渋滞で閉鎖することは、大きく前向きな影響を及ぼします。 一例として、市内の道路閉鎖を含む昨年のロンドンマラソンは、ロンドン中心部の大気汚染が89%減少したことと一致した」

と彼女は続けた。

「オープンストリートは、私たちの街の中心部をより健康的、環境に優しく、安全な場所にするための素晴らしい取り組みです。」

 

Sustrans Scotlandの働き

コットランドの人々が安全なウォーキングおよびサイクリングルートのネットワークに確実にアクセスできるように、コミュニティ、スコットランド政府、地方自治体およびその他のパートナーと密接に協力しています。

一緒に、私たちはスコットランドを健康で幸せな住み、働きそして遊ぶ場所、そして持続可能で美しい観光地にしています。

引用 Sustrans Scotland

 

スコットランドでの環境に対する取り組みは素晴らしいものがありますね。実際に行うことが素晴らしいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました