ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトのヘント〜ウェヴェルヘムでの行動にエディ・メルクスは反対しカンチェラーラは賛辞

海外情報
Image by Dorothe from Pixabay
この記事は約5分で読めます。

2023ヘント〜ウェヴェルヘムは、ワウト・ファンアールトとクリストフ・ラポルト二人による独走で最後は、ワウト・ファンアールトがクリストフ・ラポルトに勝利を譲った。

 

これについて、多くのアナリストは正反対な意見を投げかけている。2分のタイム差をつめることの出来るチームが多かったこと。ワウト・ファンアールトの行動に対する意見も様々だ。

 

スポンサーリンク

エディ・メルクスは

 

エディ・メルクスは、レース会場のスクリーンの前に座っていた。彼もまた、驚いたのだろうか?

 

ブワ、イエスでもありノーでもある。息子のアクセル・メルクスにラポルトの勝利に1,000ユーロを賭けたよ。チームメイトを勝たせるのは彼の自由だが、私ならそうはしない。

もちろん、チーム内で何が起こっているかは知らない。

ワウト・ファンアートは圧倒的に優秀で、ケンメルでもそうだった。彼はE3 サクソ クラシック、ヘント〜ウェヴェルヘム、そしてロンド・ファン・フラーンデレンを制し、歴史を作ることができたのだ。

 

トム・ボーネンは後悔すると

トム・ボーネンは、以下のように語る。

私もチームメイトの勝利を手助けしたことはあるが、このような状況になったことはない。

チームメイトを助けるのは、彼らが勝利のために競争するようにするためだ。これはまたチームのマーケティングに良さそうだが、僕ならそうしたかどうかはわからない。

Jumbo-Vismaは得点するが、ヘント〜ウェヴェルヘムはヘント〜ウェヴェルヘムだ。

あのレースは栄誉リストに載っていていい。パリ〜ニースのステージよりもね。

 

ヘント〜ウェヴェルヘムで3度優勝したあなたならばどうでしたか?

あんな勝ち方をしたいのか? 私なら、スプリントしていたかもしれない。あのようなスプリントは奇妙に見えただろうが、最も公平なことだ。

ワウトは後悔するだろうね。

ライダーは来るもの拒まず、去るもの追わず。クリストフ・ラポルトはおそらくフランドルやルーベでワウトの中心的存在になるだろうが、保証はない。

仮に日曜日の5km過ぎに大転倒したら、大いに後悔することになる。

金曜日、私は最高のファンアールトの仕事を見た。彼のフォームレベルについてではなく、精神的な対処の仕方についてだ。

回復して、あんなにスプリントを走るなんて、シャポー!素晴らしい数字だ。

同じ状況でマチュー・ファンデルプールに何度負けたことか。いや、これは別のワウト・ファンアールトだった。ハレルベークでは、彼は最高のレースをした。

 

登りでは、マチュー・ファンデルプールやタデイ・ポガチャルに対する優位性を認めざるを得なかったと思いますが?

彼のキャリアのこの時点では、ファンアールトはレースに勝たなければならない。方法は関係ない。

金曜日、ワウトはフラマンの記念碑に向けてとても大きな一歩を踏み出した。ベストである必要はない、勝つことがすべてだ。

 

ファビアン・カンチェラーラの異なる意見

左がカンチェラーラ、右がトム・ボーネン
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fabian Cancellara(@fabian_cancellara)がシェアした投稿

 

簡単すぎたように感じるが、ワウトとクリストフ・ラポルトのパフォーマンスには今でも多くの敬意を払っており、ワウトのフィニッシュでの活躍にはさらに敬意を払っている。

これについて意見が分かれることは承知しているが、私にとって彼のチームメイトに勝利を贈ったことは、ワウト・ファンアールトをチャンピオンに昇格させただけだ。

このジェスチャーで、彼は謙虚さ、寛大さ、騎士道を示した… 彼は人間性を示したと言える。

私にとって、チャンピオンは勝ったレースだけで定義されるわけではない。それはまた、彼らの勝ち方、彼らの個性、人間的なタッチでもあるんだ。

これらすべてが組み合わさってチャンピオンが生まれる。他の誰かを育てる気があるなら、あなたはとても特別だ。

もちろん、これは完全に無私の行為ではなかった。ヘント〜ウェヴェルヘムの勝利が彼の人生を変えるかどうかはわからない。

彼は以前に優勝したことがあり、2日前にE3の別の素晴らしいクラシックを獲得したばかりだ。最も重要なのはフランダースのツアーだ。何よりも、彼は勝ちたい。

それは彼のシーズンを通しての1つの大きな目標であり、他のすべての目標はその後に続く。より高い目的に役立つため、ヘント〜ウェヴェルヘムを手放す余裕がある。

それがチームの勝利であり、チームをより強くする。ファンは言うまでもなく、クリストフ・ラポルトと彼のチームメイトからも尊敬されるようになった。

その日の早い段階でボルタ・ア・カタルーニャを見たが、ジョアン・アルメイダがマルク・ソレルとやっていたこととはまったく対照的だった。

彼がそれを離れることができたなら、ソレルは代わりに3位でフィニッシュしていただろう。 強くなるために勝たなくてもいい時もある。時々、共有することでさらに先に進むことができる。

ワウト・ファンアールトはそれを理解していた。

 

ファビアン・カンチェラーラの言葉は、かなり深い意味のある内容だ。人間性も表していたと言われるとその通りだろう。中々勝利を人に譲ることなど出来ることではない。

両方の意見が出るのは真っ当な反応だ。ここではファビアン・カンチェラーラの意見に賛同したい。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. ファビアン・浣腸らーら より:

    > 右がカンチェラーラ、左がトム・ボーネン

    逆じゃないすか?

タイトルとURLをコピーしました