ロードバイクの情報を発信しています!

Dirty Kanza グラベルレース用のTrek-SegafredoのカスタムTrek Checkpoint SL

機材情報
https://racing.trekbikes.com/
この記事は約6分で読めます。
Trek-SegafredoのライダーPeter StetinaとKiel Reijnenは、Dirty Kanzaグラベルレースのために、カスタム塗装されたTrek Checkpoint SLグラベル専用フレームセットに乗ってレースします。
 
Trek Checkpoint SLは、リア IsoSpeed搭載の500 Series OCLV カーボンフレームに、パワフルなフラットマウントの油圧ディスクブレーキ、700×40のボントレガー GR1 Team Issue Tubeless Ready グラベルタイヤを搭載。
このバイクをTrek-Segafredoのライダー二人に合わせてカスタムペイントしています。
 
スポンサーリンク

Dirty Kanzaグラベルレース

Derty Kanza(ダーティカンザ)は、2006年に34人の参加者から始まりました。

昨年は、カンザス州の小さな町エンポリアに2,000人を超えるライダーが集結。

Derty Kanzaは、主に険しい砂利道での200マイルを走る壮大なイベントです。

それは残酷な向かい風と、予測不可能な天候で世界中から人々を引き付けます。

タイムカットは20時間。男子カテゴリーの昨年の優勝は、元WorldTourプロTed Kingで10時間44分でフニッシュしています。

 

Dirty Kanza 200 – 2018 Highlights

 

Kiel ReijnenのTrek Checkpoint SL

https://racing.trekbikes.com/

Kiel ReijnenのTREK Checkpoint SLは、彼の故郷であるワシントン州Bainbridge IslandとCowlitz Indian Tribeに敬意を表しています。

 

https://racing.trekbikes.com/

このデザインは、サーモンの種族のシンボルと、その地域で見られる自然と芸術からの色のインスピレーションを特徴としています。

 

https://racing.trekbikes.com/

ピュージェットサウンドの水には青をイメージ。ネイティブモミと杉の木には緑の森地域全体で見られるセイリッシュアートの色からデザインしています。

 

https://racing.trekbikes.com/

 

グラベルライディングは、パフォーマンスを競うのではなく、冒険と経験を求めている新世代のサイクリストを捉えているようです。
Dirty Kanzaのようなレースは、他のサイクリストとの戦いだけではありません。

あなた自身に対する10時間のレースです。この10時間の間に興奮し、痛みを感じ、速く、空腹で、力強く、弱く、失われ、終わった時には達成感を感じるでしょう。

https://racing.trekbikes.com/stories/trek-segafredo-men/custom-checkpoints-for-the-dirty-kanza

Kiel Reijnen

 

Peter StetinaのTrek Checkpoint SL

https://racing.trekbikes.com/

StetinaのCheckpoint SLのデザインは

  • コロラド州の旗(彼が生まれ育った場所)
  • カリフォルニア州の旗(住んでいる場所)
  • Lake Tahoe(お気に入りのトレーニング場所)
  • クラフトビールのホップフラワーなどの祈りの旗(Stetinaの情熱の1つ)
  • そしてフェニックス – 特別な意味を持つシンボル。

これらを取り入れてます。

 

https://racing.trekbikes.com/

 

「私はこのProject Oneチェックポイントに恋をしています。チベットの祈りの旗は生活の中でとても大切です。祈りの旗は私の人生の重要なイメージで刻まれています。そして真珠の白い基盤は日光の下で印象的です。

フェニックスは私にとって2つのことを表しています。 それは私が現在住んでいるサンタローザでの、2017年の山火事からの継続的な回復。
もう一つ、誰もが私のキャリアが終わったと思ったが、トレックが私を信じてくれて、私自身の壊れた足からの復帰を表します」

Peter Stetina

Peter Stetina

 

Stetinaの復帰の意味とは?

2015年4月、 ブエルタ・アル・パス・バスコで 、Stetinaは第1ステージでゴールした後に、道路脇の金属製のポールに激突。

彼のチームは主催者にライダーの安全対策が悪いと非難した。彼は4か月間レースから遠ざかることになってしまった。

 

https://racing.trekbikes.com/

Bontrager Aeolusホイールを装備しています。

 

https://racing.trekbikes.com/

WorldTourのロードレースで使用されているTrekフレームセットのように、どちらのライダーのバイクも1XセットアップのSRAM RED eTap AXSグループセットを搭載。

 

StetinaとReijnenの二人とも、クリップオンエアロハンドルバーでレースを完結させると言っています。

Dirty KanzaはUCI認可イベントではないので、安全性の問題のためにバーが禁止されている通常のロードレースとは異なり、クリップオンエアロバーは許可されています。

昨年のDirty Kanzaで優勝した元プロのTed Kingは 、Twitterでエアロバーを使用することについて懸念を表明し、Trek-Segafredoデュオには機器を使用しないよう求めた。

 

グラベルロードですから、いつハンドルを取られてクラッシュするか、わからないですから安全の面から言っても当然かもしれません。

 

WorldTourのプロライダー

  • Taylor Phinney
  • Lachlan Morton
  • Alex Howes

彼らEF Education Firstのメンバーも、アマチュアイベントに参加します。ワールドツアーのプロが5人も出るレースとは、どうなんでしょうかねえ~。

当然、この5人で先頭争いするのは間違いないでしょう。

 

Gravel Riding With Pro Road Cyclist Kiel Reijnen

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました